塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。まったり気ままな塗り絵ブログ。

『コロリアージュ フラワー パレード』完成作品ギャラリー②

 こんばんは♪

『コロリアージュ フラワー パレード』の完成作品ギャラリー第2弾をお届けします。

 

■パラソルを差す令嬢

f:id:white_fuga:20190223222100j:image

画材:油性色鉛筆。

 ドレスの形状やパラソル等の持ち物から、ロココの時代を思わせる令嬢の姿ですね。

「令嬢がパラソルを差すならば、日中の庭園かな?」

と想像を膨らませ、デイ・ドレスのつもりでパステル系を着せています。

 フリルとレース満載のコッテリ系ドレスは迂闊に色数を増やすと野暮になりそうなので、つい多色使いしたくなるのを堪えてこの程度に抑えました。

 ギリギリ“elegant”と呼べる範囲に留まれていますでしょうか…💦💦

 本作品の背景は、例によってアイディアの迷路を彷徨った結果、金色2色の市松模様になりました。

 実は制作中に『ロマンチック・ロシア展』なる近代絵画の展覧会に行ったもので、この令嬢を絵画的な風景の中に立たせてあげたくなったのです。

そこで、絵画展の図録を2〜3冊漁ったものの、適当なお手本が見つからず……(T_T)

 “写実ふう”の縛りを外して、金箔図屏風のような背景にしてみることにしました。レオナール・フジタという画家が、肖像画の背景で“金箔図屏風”仕立てをしているのを観たことがあって、以前から真似してみたいと思っていたのです。

 ほぼ勢いだけで塗った為か粗さが目立ちますが、制作中は本当に楽しかったです。どんな印象になるのか想像がつかず、ワクワク感に胸が躍りました(≧▽≦)

 そんな経緯があり、本作はお気に入りの1点となっています♪

 

■銀河🌌 ←NEW!
f:id:white_fuga:20190208175712j:image

画材:油性色鉛筆。

「このページ、塗るところ無くない?」

というのが率直な第一印象。与しやすし、と見て気ままに塗りました。

 そういう訳で、星の色はバラバラです。

 薔薇の花は青系ベースで、花びらのめくれた部分などに虹色鉛筆やピンク色を使いました。

 ところで、このページは

「何故宇宙空間にこんな巨大な薔薇が?」

と疑問が浮かぶのですが……突っ込んではいけないポイントですよね、きっと💦

 

■蜘蛛の巣🕸️ ←NEW!
f:id:white_fuga:20190208175730j:image

画材:サインペン。

 蜘蛛の巣の美しさが伝わる構図で、しかも蜘蛛が不在なので、ノリノリで塗りました。

 デザインとしての美しさを強調したくて、敢えて赤い糸にしています。

 実は、完成したあとで

「画面の中に花魁の黒いシルエットを描き入れたら、『愛ゆえの破滅……!!』みたいな象徴的な作品になっていたかなぁ〜」

と妄想が広がり、少々悔しく思いました。

 蜘蛛の巣に遊女のイメージなんてベタもいいところと分かっていても、一度は形にしてみたいと感じてしまう(笑)

 

■花火の城🏰

f:id:white_fuga:20190223181611j:image

画材:油性色鉛筆、水彩毛筆。

 前回記事でご覧に入れた作品です。

 城は、花火の閃光を浴びて闇の中に浮かび上がるイメージだったので、夜では不自然なほど明るい色合いになっていますが、どうか目を瞑って下さい^_^;

 前にも書いた通り、とりわけ気合いが入ったのは、城🏰の着彩です。

「この茶色の建物は後世の増築部分〜♪」

「青い窓の部屋ではこっそりTVを観ている」

などと想像しながら各部分を塗りました。

(城🏰拡大画像↓)

f:id:white_fuga:20190225202133j:image

 風雅は、テーマパークの端整なお城より、実際に人が住んだり攻防を繰り広げたりした城塞が好きです。折角お城の線画に遭遇したので、ディテールで好みの城に近づけてみました(*^^*)

 

■蝶々御一行様🦋 ←NEW!f:id:white_fuga:20190224212752j:image

画材:油性色鉛筆。

 昨日塗り上がったばかりの新作です♪

 "色縛り"を一度試してみたかったのでご覧のような色合いになった訳ですが、

「緑色から始めるあたりが"ミドラー"たる所以かな」

と自分でも思います^_^;

 余談ですが、全体的に緑色をした蝶々は、いそうでいないものですね。

 配色の参考に『日本のチョウ』というポケット版の図鑑を参照したところ、意外と緑色のチョウは少ないと知りました。

「緑色だと保護色でいいのでは?」

と思ったのですが、蝶々の生存戦略では目立つほうが異性に見つかりやすくて合理的なのでしょうかね?

 

 今回のギャラリーは、つらつらコメントなど加えて紹介して参りました。少しでもお楽しみ頂けていれば嬉しく思います。

 ご覧頂き、ありがとうございました(^^♪

【雑談】季節に合わない塗り絵。

 こんばんは、風雅です。

 前回❄雪❄モチーフの記事を書いたばかりですが、その直後から季節とそぐわないモチーフを続々塗ることになりました。

 今回は、そんな近作のご紹介です(^^)

 

 1点目はハワイアン🌴。

『世界の模様 ぬりえの旅』よりハワイアンキルトの模様です(画材:油性色鉛筆)↓。

f:id:white_fuga:20190221195350j:image

 ちょっと主張の強い色同士を使うかわりに地を白く塗り残してバランスを取りました。

 ハワイアンキルト独特の色彩感覚に慣れることが出来れば、もう少し踏み込める(=ギリギリ一歩手前の強烈な配色が出来る)のですが……どうもハワイアンの色彩感覚に馴染めません💦軽い敗北感が残りました💦

 

 2点目は花火の城🏰です。

『コロリアージュ フラワー パレード』の見開きページですが、ご覧の通りの黒背景↓。f:id:white_fuga:20190221194827j:image

 花火の光の強さを意識して、花火は水彩毛筆で塗りました。

 反対に、お城🏰は油性色鉛筆のみ。

 お城より多少手前にあたる石垣や木々は、水彩毛筆と油性色鉛筆併用で、ところどころ重ね塗りしています。

 風雅は洋の東西を問わず城塞が好きなので、城🏰を塗る時にはテンション上がりまくりました(笑)

 線画自体に季節を示すものがないとはいえ、花火にはどうしても夏のイメージが強く、季節外れ感が拭えませんね…^_^;

 

 3点目は「夏」と題された、森田春代『大人の塗り絵 美人画編』所収の作品です。

f:id:white_fuga:20190222092823j:image

 油性色鉛筆で塗りました。

 原画手本では中景の花菖蒲の葉が淡い青緑色の影のように描かれているのですが、色鉛筆の適性を考えてはっきりと描き込むことにしました。

 葉の輪郭線を"捏造"するこの工程は気力と時間が要るものの、楽しく進められました。

 

 4点目は燕子花(カキツバタ)がテーマ。

 油性色鉛筆と金色のペンで制作中です↓。

f:id:white_fuga:20190222204939j:image

 意匠化されていますが、水辺感バッチリの線画で、ホクホク塗っています♪

「夏」制作中に菖蒲苑やらあやめ祭りやらの画像を多数見たことで、

「もう1点菖蒲が塗りたい!」

と意欲に火が点いてしまいまして。

 どうやら風雅は菖蒲の類が相当好きなようです。形もさりながら、この種の花が咲き匂う風景そのものに惹かれてしまうのだと、本作を塗り始めてから気付きました。 

 そういう嗜好なので、花菖蒲でも燕子花でもあやめでも構いません(←線画だと見分けつきませんしね💦)。

 ただ、燕子花と言われるとどうしても✨金色✨を使いたくなるから不思議です😅操られるように流水を金色にしてしまいました。

 

 この燕子花の線画は、石村和代氏の『和の花暦と花もようぬり絵ブック』に収載されています。

f:id:white_fuga:20190222215603j:image

『京のみやびな和柄』より少し気軽な感覚で塗れる和柄本が欲しくなり、

「ちょうど『世界の模様 ぬりえの旅』がほぼ塗り終わるから……」

と自分に言い訳して買ってしまいました♪

 この本で和柄塗り絵のバランス感を養い、『京のみやびな和柄』に結実させられたらいいな、と考えています。

 

 以上、季節外れの近作群と新着本1冊をとりとめなく紹介してみました。

 次回は「夏」の制作話か作品ギャラリーか塗り絵本レビューになると思います。よかったらまたお付き合いください。

 それでは、楽しい週末を〜(^^)/"

 

【季節の塗り絵】雪の線画をぼちぼちと。

 こんばんはー♪
 今年の冬は結構寒いと思うのですが、風雅の棲息地域(※関東南部)ではまだあまり雪が降っていません。
 ただ、塗り絵のお題として❄️雪❄️を塗るならば、「やはりこの季節をおいて他にはない!」と感じるのですよね。
 そういう訳で、今月、雪が出てくる線画を2点塗り進めています。

森田春代『大人の塗り絵 美人画編』の「雪化粧」☟と……
f:id:white_fuga:20190215214347j:plain

佐瀬麻友子『コロリアージュ フラワー パレード』のペンギン御一行様☟です。
f:id:white_fuga:20190215214245j:plain

「雪化粧」のほうは、この名画塗り絵本の中でも、最も難しそうと直感した作品("ラスボス"と呼んでいます)で、手を着ける段階で悩みました。
「今始めても挫折するのではないか?」と。
 そこで「勢いで突破しよう!」と開始当初はせっせと塗っていました。
 しかしラスボスは勢いだけで攻略できる程、甘くはない様子です。
 集中している間は凄く没頭できる反面、電池が切れたようにぱったりと塗れなく瞬間がその数時間後に訪れるのです。
 どうやら相当に気力を要するのに加えて、雪の描写、傘の骨組み、着物の柄など、難所にも事欠かず、無理が通らないと悟るに至りました。
 そうした事情により、現在は集中力のある時に少しずつ塗り進める形態に切り替えています。
 完成した暁には"季節に合わない塗り絵"となっていそうです……(うっかり次の冬までかかれば季節のほうが追い付いてくれる訳ですが、それも微妙💦)。

 他方、ペンギン🐧御一行様のほうはもう少し緩い気分で進行中です♪
 ただ、ペンギンのいる下段だけ雪❄も宝石💎もなくてスカスカの為、構図的なバランスをどう調整していくか、多少考える必要がありそう。
 そんな悩みもありますが、こちらだけでも今冬のうちに完成させて、季節感を味わいたいと思っています。
 
 以上、久々に季節の塗り絵に関する活動報告でした。
 それでは、また〜(^^)/"



今週のお題「雪」

『京のみやびな和柄』攻略開始。

 こんにちは、風雅です。

 先月購入した河出書房新社の『大人の塗り絵シリーズ リラックス塗り絵:京のみやびな和柄』☟。

f:id:white_fuga:20190211161935j:image

 この本、ノド近くがうねって塗りにくいので、思い切って最初にカッターで解体してしまいました!

 新品の本を解体するのは気が退けてしまいますが、四周に充分な余白があるので、

「多少手が滑っても中身の線画には大事あるまい」

と踏んで敢行(ΦωΦ)

 こんな感じになりました〜☟。
f:id:white_fuga:20190211221652j:image

 ほぼA4タテ型の寸法で、とても作業が進めやすくなっています(^^♪

 バラバラになった線画の束は、本のカバーと併せて大きめの書類ケース(※100均で入手)で保管することにしました。
f:id:white_fuga:20190211223633j:image

 

 解体後、早速1枚目に着手しました。

 選んだのは、大きな宝相華文様を中心に、唐花菱と宝相華唐草文様を継紙のように挿し入れた線画です。

 このページ、意気揚々と塗り始めたまではよかったのですが、途中から迷走しました💦

 何故かというと、色数が多いにも関わらず、画面から暗い印象を受けたのです。

 その暗さを和らげようと宝相華の雄蕊っぽい部分に黄色を配したところ、下のようになりました☟。

f:id:white_fuga:20190213174743j:image

 えー……ものの見事に逆効果ですね💦💦

 ちぐはぐ過ぎて目も当てられません(ToT)

 眺めていると気分が落ち込むので、投げ出したくなりましたが……思うところあって最後まで塗ることにしました。

 何を考えたかというと、この段階で投げ出しても、失敗の原因がよく分からない為引きずりそうな予感したのです。

「完成させたら何が悪かったか見えてくるかもしれない」

と淡く期待して、塗り進めました。

 結果、かなり微妙になってしまいましたがともかく完成に至りました☟。

f:id:white_fuga:20190214093524j:image

宝相華を拡大してみるとこんな感じです:

f:id:white_fuga:20190214093942j:image

 宝相華文様は理想化された花、中ニ病的に言い換えると"✨✨ボクが考えた最高に綺麗な花✨✨"を表す文様ですが、この作品はパーツ相互の連携が取れておらず、まとまりがありません……💦

「均整の取れた完全対称形だから、何色塗っても収まるハズ♪」

となんとなく配色していったのが、高くついたという訳でした。

 

 この宝相華の他にも、2つの短所が目立っています:

・背景が暗く淀んでいる

・唐花菱の部分と宝相華が不調和

 

 背景は、ステッドラー社のメタリックマーカー(金色)で塗りました。

 そう、これでもメタリックカラーなのです……光沢感乏しいけれど💦💦

先月『扇の国』展で見た、金地の扇のようにしたら、絢爛豪華な和柄になるかも…と期待したのですが、塗ったらこの有り様で。
ゴビ砂漠……。゚(゚´Д`゚)゚。」

と、強風の吹きすさぶ不毛の地を連想せずにはいられませんでした。

 

 右上の唐花菱と中央の宝相華の不調和も一目瞭然かと思います。

 宝相華を目立たせようと、唐花菱の地を薄い色にし、同系色で唐花菱を塗った訳ですが、宝相華と色調が違い過ぎてミス マッチでした。

 

 塗っている間にも上のような脳内反省会を繰り広げていた為か、最後に塗った宝相華唐草文様は少しまとも寄りになった気がします。f:id:white_fuga:20190214103951j:image

 こうして多少の救いも得られたので、最後まで塗り続けてよかったと思いました。

 

 以上、本書の作品1号に関する失敗談をお送りしました。

 今回は悔しい出来上がりとなりましたが、和柄も塗り絵そのものも、めげずに今後も頑張ります。

 よかったらまた、お付き合いください(^^)/

【お絵描き】ぬいぐるみのお絵描き 第3章続編【色鉛筆】

 こんにちは〜(^^♪

 今回はぬいぐるみお絵描きシリーズ:モモンガのリベンジ編です。

 

■モデルとポーズ

 前回色辞典で挑んだ時に不合格判定だった為、再度同じぬいぐるみ☟を描きました。f:id:white_fuga:20190210195104j:image

 画像は寝かせた状態で撮影していますが、描いた時は胴体部分に上の赤いハンドタオルを入れ、なんとか立たせていました。

 このモモンガは尻尾と眼がチャームポイントだと思うので、背中ごしに尻尾が見える角度にして、準備完了です♪

 

■画材と紙

 今回は油性色鉛筆のポリクロモス120色セットを使用しました。

 このセットは、茶系とグレー系のラインナップが豊富な一方、全般的に薄めの色が少ないという特徴があります。

 

 紙は白い画用紙(A4)を使いました。

 画用紙だとぬいぐるみのフワフワ感が出しやすい気がして、最近お気に入りです😊

 

■制作過程

 制作中を通してぬいぐるみは同じ場所に置き、1メートル位の距離から写生しています。

 

①最初に色鉛筆で輪郭を取りました。

使用色はCold Grey Ⅱ(231)です。f:id:white_fuga:20190212162920j:image

 左耳の付け根から描き始めて、大体時計回りに描いていきました。
f:id:white_fuga:20190210200635j:image

 

②次に胴体の陰部分に軽く陰影の線を入れます。

f:id:white_fuga:20190210201201j:image

 

③鼻と四肢の先端の形を整え、軽く下塗り。

顔や胴体にも少しずつ着色していきます。
f:id:white_fuga:20190210201307j:image

 なお、グレー地の顔と背中側は、毛を描き込むようにして塗り進めました☟。
f:id:white_fuga:20190210203430j:image

 

 今回は、全体に薄い色をしたぬいぐるみの為、少しずつ濃くしていきました。

 

④最後に、両眼を塗りました。
f:id:white_fuga:20190210203618j:image

 以上の工程の後に細かい修正を施し、完成です🎶

 

■完成作品

 今回はこんなふうに仕上がりました☟。 

f:id:white_fuga:20190210204436j:image

 

 自分では前回よりデッサンが上手くいった気がしており、その点では満足しています。

 一方で着彩のほうは相変わらず

「こんなものじゃないけれど、こんな感じにしか描けないよー」

というもどかしさが募りました。

 このモモンガの毛はけっこうツヤがあるのですが、どう塗ったらツヤ感が表現出来るのかよく分かりません…💦

 ツヤ感を出す塗り方は、今後の課題の1つとして気長に学んでいこうと思います。

 

 ちなみに、依頼人の反応はと言えば。

「可愛い!!永久保存版〜(≧▽≦)」

とのことでした。

すかさず

「合格?」

と訊いたところ、「合格!」とのこと。

 持ち主が満足してくれたので、少し自信になりました。リベンジ成功で、嬉しいです😊

 

 以上、お絵描きの簡単なレポートでした。

 ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 次回は塗り絵の話題に戻ります。 

 よかったらまたお付き合いください(^^)/ 

【お絵描き】ぬいぐるみのお絵描き 第3章【色鉛筆】

 こんばんは〜!

 今回は、ぬいぐるみお絵描きシリーズ第3弾:モモンガ編です。

 

■攻略対象

 モモンガのハンドパペットです☟。

f:id:white_fuga:20190206174151j:image

 腹側は昔のバニラアイスのような白色、背中側は尻尾と同じ薄い灰色をしています。

 さほど毛は長くありませんが、フワッフワ♡。手を入れて前肢を動かせる仕様なので、地布が柔らかく、自立してくれません。

 今回の標語は「ふわふわ感を!」となりました。

 

 ポーズは、持ち主から

「やっぱり飛んでいるところがいいよ」

とリクエストが来たので、背中を折り曲げて(概ね下の画像のように)置いてみました。

f:id:white_fuga:20190206180338j:image

…滑空している姿に見えるでしょうか?

 ともかくも攻略開始です。

 

■画材:色鉛筆

 IRJ36(色辞典36色セレクトセット)でどこまでいけるか。そんな興味もあってこのセットを使うことにしました。

 が、着色開始早々に

「薄い色が足りない!」

と分かり、バラ持ちの色辞典から2色をサポートメンバーとして加えることにしました。f:id:white_fuga:20190206182734j:image

上がごく薄い蒼色のVP-9(Lupine)、下が薄い山吹色のP-13(Gamboge)。前者は最も薄い陰影として全体的に、後者は腹側の陰になる部分でそれぞれ大活躍してくれました。

 

■輪郭のスケッチ

 輪郭は銀鼠(EX-10, Silver Gray)で取りました。

 右耳の付け根辺りから右頬→右前肢→下腹部→左後肢→左前肢→尻尾→左頬→左耳→右耳と、反時計回りで描き進めます。

 首の線や顔のパーツは、合間に少しずつ。

 結果、下の画像のようになりました☟。

f:id:white_fuga:20190206191822j:image

 

■着色

 大部は下の色見本にあるような、モノトーン系で塗りました(画像の色飛びが激しくてすみません)。f:id:white_fuga:20190207065147j:image

 

 全身白っぽいので、塗り絵としては難しくてつまらない……ゴホッゴホッ、楽しみ方を見つけにくい線画かもしれません。

 今回、単調な画面上で少しでも表情を出そうと、『見えない色を加える』ことを試してみました。

 右前肢の背中側、尻尾、耳など、薄灰色のパーツの目立たない所に、天色(P-18, Celeste Blue)、ライラック(P-9 Lilac)、子鹿色(LG-1, fawn)を使ってみたのです。f:id:white_fuga:20190207161220j:image
f:id:white_fuga:20190207082741j:image

f:id:white_fuga:20190206205338j:image

 この3色は、風雅がこのぬいぐるみを見た時に感知していない色です。

 色鉛筆塗りのお手本などでは、この種の"見えない色"を加えて効果的に陰影を出している例に遭遇します。料理で言えば、『甘みを際立たせる為に塩を加える』的な技法かと思いますが、知識として頭の片隅にあっても、何色をどう使ったものか見当も付かず、実行したのは初めてでした。

 作品における効果のほどは、もう少し時間を置いてみないとよく分かりません。

 ただ、おっかなびっくり端のほうに使っただけで結構な冒険をした気分になりましたので、作業中のスパイスとしては有効だったようです(笑)

 

■完成作品

 スケッチ開始から数時間後、下の通り完成しました☟。
f:id:white_fuga:20190206213334j:image

 …滑空している姿に見えるでしょうか?

 

 彼氏(※依頼人です)に見せて

「どう?合格?」

と尋ねた結果、 

「よく出来た習作だね〜(^^)」

と評されました。

 不合格判定にガックリ…(つд⊂)エーン

 

 落ち着いてから見直したところ、デッサンにも塗りにもアラがザクザク見つかりました。

 これは習作判定もむべなるかな、と納得。

 という訳で、また機会を改めて再挑戦することになりました。

 次こそ及第点を貰えるように頑張ります♪

 

 本日もここまでお付き合い頂き、ありがとうございました。

 それでは、また〜(^^)/

【雑談】節分でも塗り絵。

 こんばんは〜。
 今日は節分ですね。
 風雅は殆ど何も節分らしいことはせず、塗り絵をして過ごしました。
 メインで塗ったのは、『コロリアージュ フラワー パレード』です。
 嬉しいことに、パラソルを差す令嬢のページが完成に至りました。

f:id:white_fuga:20190203224440j:plain
画材:油性色鉛筆。

 また、時系列は前後しますが、昨日も『ぬりえ天平文様 たまゆら』から1点完成しています☟。
f:id:white_fuga:20190203232153j:plain
作品名:銀絵葡萄唐草文白綾。
画材:サインペン☟
f:id:white_fuga:20190203232326j:plain

 実は、直上の画像のうち、下側の集団は今年になって仲間入りしたものです。最寄り駅の書店で文具3割引きセールをしておりまして、鉛筆削りともども一気に増えました。
 

 他にも目立つお買い物がありまして、塗り絵本2冊と顔彩(✨金色✨)をお迎えしました☟。
f:id:white_fuga:20190203233234j:plain

f:id:white_fuga:20190203233128j:plain

f:id:white_fuga:20190203233305j:plain

 金色の顔彩は、金色背景✨を色々な画材で試してみたくなって買いました(パラソル令嬢の金色背景塗りが楽しかったもので……)。全く馴染みのない画材なので、気長に学んでいくつもりです。

 そういう訳で、まとまりませんが、近作と新着アイテムのご紹介でした。
 それでは、お休みなさい。

今週のお題「わたしの節分」