塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

『世界の模様 ぬりえの旅』完成作品ギャラリー①

 こんばんは(^^ゞ

 
手持ちの塗り絵帳の1つに河合ひとみさんの『世界の模様 塗り絵の旅』があります。
 

f:id:white_fuga:20180418192144j:plain


 ベタ塗りと相性のいい、模様系。
 頭を働かせたくない時を中心に、油性色鉛筆で塗り進めています。
 これまでの完成作品の一部を、お目にかけたいと思います。

①イタリアのタイル(2種)

 タイル柄なので、釉薬の色を意識して配色しました。

f:id:white_fuga:20180418192551j:plain


f:id:white_fuga:20180418192636j:plain

ボヘミアのプリント生地


f:id:white_fuga:20180418192827j:plain

③ロシアのヴォログダレース

f:id:white_fuga:20180418192849j:plain

 とにかく細かく、かつ単調で、毎度10分塗り続けるのも難しいページでした。
「これは挫折しそう」と思っていましたが、混み合った病院の待合室に持っていったところ、嘘のように進みました(笑)

④カロタセグの伝統刺繍

f:id:white_fuga:20180418193031j:plain

 カロタセグはルーマニアの一地方だそうです。地図大好きの風雅ですが、この地名は初めて聞きました(^^;

 本書の"世界の模様"は、タイルと服飾品(刺繍、プリント等)の柄が多い印象です。
 まだまだ着手していないページも多数あるので、塗り上がったらまた別記事にてご覧に入れたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。
よかったら次回もおつきあいください(*^^*)/