塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

手持ちの塗り絵本一覧

 こんにちは。
早すぎる梅雨明けから、毎日酷暑が続きますね。
暑すぎて出かける気もしない日々…とくれば、休みの日は勿論塗り絵をしています(*^^*)

 さて、最近、塗り絵本が増えてきたので、今回は、現在塗り進め中の本を列挙してみたいと思います♪


f:id:white_fuga:20180717163401j:plain


・たけいみき『"かわいい"の魔法にかかる夢色プリンセス塗り絵』、河出書房新社
・『世界の美しい文様ぬり絵 アラベスク文様』、パイインターナショナル
・井田千秋『森の少女の物語』、日本ヴォーグ社
・河合ひとみ『世界の模様 ぬりえの旅』、誠文堂新光社
・シンシア・エマリー『心を整える、花々のマンダラぬりえ』、日本文芸社
・ジョハンナ・バスフォード『海の楽園』、グラフィック社
鈴木淳子『平安王朝絵巻ぬりえbook』、ディスカヴァー・トゥエンティワン
・Bogema, Tanya "Nice Little Town 2" (洋書)
・江種鹿乃子『幸せのメヌエット』、ナツメ社
・江種鹿乃子『心ときめく四季のワルツ』、ナツメ社

 以上、全部で10冊。
うち2冊はポストカードブックで小型です。
 今回数えてみて、「いつの間にこんなに増えていたのか…」と自分でも驚きました(笑)
 ちなみに、上記リストは、着手した順に並べました。色々手を出してみた足跡になっていますね(^^;

 「せっかくなので、この塗り絵本遍歴を活かせないかな?」と考えた結果、1冊1冊のレビューを書いてみようと思いたちました。
 夏のレビュー企画として、毎回1冊ずつ、取り上げていきます。その本に興味を持っている方に、特色が伝わるような内容にしていきたいと考えていますので、よかったら次回以降もおつきあいください。

追記:上記リストにある本について、質問があれば気軽に本記事のコメント欄にお寄せください。
レビュー記事にて回答させて頂きたいと思います(^^ゞ