塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

季節の塗り絵~ハロウィン 準備編~

 こんばんは。

 10月も半ばを過ぎ、いよいよハロウィン🎃が近づいてきましたね。

 風雅は仮装や飾り付けをする予定はありませんが、今年はハロウィン絡みの塗り絵で参加した気分になれるかも、とこっそり期待しています。

 そういう訳で、現在何点か制作中。

 近況報告をかねて、進んだところまで載せてみたいと思います(*^^*)

 

■『心ときめく四季のワルツ』より、「ハロウィンの街」のページ(※画材:油性色鉛筆)

f:id:white_fuga:20181019210812j:image

 石畳に階段に城壁と、ヨーロッパの旧市街のような路地裏。夕方の初め頃をイメージして塗り進めています。

 コウモリが飛んでいるから夜でもいいのかもしれませんが、祭りの夜の様子を塗って再現する技術が足りない為、夕方くらいで頑張ることにしました(^o^;)

 現時点では、線画に不可解な線が入っている部分をどう塗るか思案しています。

f:id:white_fuga:20181019212543j:image

問題の箇所は、上の画像で、色鉛筆が指している縦方向の線です。石材を組んで迫持(アーチ)を形成しているので、ここには本来、横線が入るのが自然かと思うのですが(^^;

 また、壺や小卓の配色が悩みどころです。

 

 なお、今回は、このポストカードの"表"側も色を着けてみました(※画材:油性色鉛筆)。

f:id:white_fuga:20181019213802j:image

 "裏"側に先立ち、カボチャの手慣らしに塗ったもので、これだけは完成しています。

 

■Something is rotten……!

~"Escape to Shakespeare's World"より

(※画材:水彩色鉛筆)

f:id:white_fuga:20181019215020j:image

 画中の引用句からすると、旗などはデンマーク国旗の色で塗るべきところなのでしょうが、骸骨がお誂え向きと思われた為、ハロウィンのテーマカラーで塗っています♪

 ほぼ悪ノリですね~。

 お気楽に進めています♪

 ただ、骨を白っぽいグレーで塗っても手応えがないのが悩ましいところ💦💦骸骨を禍々しく仕上げるのは、意外と骨が折れるのかもしれません(^o^;)

 

 現在進めているのは上の2点です。

 10/31までに完成させ、余裕があれば更に1点くらいは完成させたいものですが、首尾はどうなるやら分かりません💦

 ハロウィンの前後に本ブログで完成作品を披露することを目標に、あと10日程頑張ってみたいと思います♪

 

 それでは、今夜はこの辺りで(^o^)/