塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

『夢色プリンセス塗り絵』完成作品ギャラリー③

 こんばんは♪

 本記事では、『夢色プリンセス塗り絵』で既に完成させた作品を3点掲載します。

 この本は早くに始めたこともあり、塗り終わっているページも結構あるのですが、あまり真面目に記録で管理出来ていません💦

 そういう事情で、掲載順はランダムになります(^^;

 

■刺繍をする少女 ※画材:油性色鉛筆。

f:id:white_fuga:20181021211139j:image

(部分↓)
f:id:white_fuga:20181021210431j:image

 刺繍をしている少女の図です。

 この線画に着手した頃は動物の塗り絵が続いていた為か、ドレスと髪を塗るのが物凄く楽しかったのが印象に残っています。

 ドレスのデザインが甘~い雰囲気なので、甘さを抑えたくて寒色で塗りました。ドレス周りの花を紫系にしたのも同じ意図によります。塗り絵だと、自分の趣味に合わせて調節できるのが便利ですね(*^^*)

 

■妖精の人形 ※画材:油性色鉛筆。

f:id:white_fuga:20181021214112j:image

 塗り絵を始めて間もない頃に、水色・紫・灰色の3本で塗ってみようと手を着けたページです。

 はっきり言って、無謀な試みでした💦

 途中で嫌気が差してほぼ放置していましたが、ある日「とりあえず最後まで塗ろう」と思い立ち、何とか完成させました。

 色数を増やしたり、大幅に塗り直したりしたとはいえ、今見ても微妙な出来で、さっさと閉じたくなるページです(^^;

 

おとめ座 ※画材:水彩色鉛筆。
f:id:white_fuga:20181021220923j:image

 星座のおとめ座というより、乙女が描かれた線画だと思って塗りました。

 純真な乙女が邪悪な魔女に変貌するのを象徴的に表現したいと構想(妄想?)し、左右を塗り分けてみたものです。

 宵の口の麦畑とか、夕暮れ時の雲とか、イメージはあるのに着色できない対象物が多すぎて、悪戦苦闘しました💦

 結果的に構想内容が重すぎて、到底表現しきれませんでしたが、水彩色鉛筆で空の表現等の練習が出来たので、いい経験になったと思います。

 

 以上、3点の完成作品をご覧に入れました。線画の主題は異なるものの、割と自分の趣味をはっきり出した作品ばかり集まってますね(^o^;)

 余談ですが、この塗り絵本では現在、油性色鉛筆で「獅子座」を進行中です。完成した暁には本ブログで報告しますね(*^^*)

 

 それでは、今夜はこの辺りで。

 よかったら、次回もお付き合いください(^o^)/