塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

季節の塗り絵~ハロウィン 完成編~

 こんにちは!

 ハロウィン🎃当日までかかったものの、10/19の記事で塗りかけだった2点が塗り上がりました~(*^^*)

 

 まずは『心ときめく四季のワルツ』より、「ハロウィンの街」です↓。

f:id:white_fuga:20181101102517j:image

 懸案だった石の迫持(アーチ)の側面は、漆喰かコンクリートで塗り固めたと解釈し、グレー系で塗りました。

 また、壺の色も悩みましたが、茶系のバリエーションで統一。一応、テラコッタのような素焼きっぽい焼き物のつもりです(^^;

 余談ですが、今回アヒルくんを塗る時に『アヒル 足 画像』で検索したところ、美味しそうな北京ダックが出てきて狼狽しました💦

 アヒルくん、来年のハロウィンはパーティの卓上にいてもおかしくないのか…💦

 

 別の1点、"Escape to Shakespeare's World"より、'Something is rotton……'のページも完成しています↓。

f:id:white_fuga:20181031202346j:image

 前回記事で手こずっていた骨は、灰色の濃淡2色を結構しっかり塗りました。これで収まりが着くとは、元から黒く塗ってある背景の効果でしょうか……。

 ところで、河出書房新社の『大人の塗り絵 オズの魔法使い』、『大人の塗り絵 クリスマス・キャロル』は本書と同じ著者による、同じ"Escape to…"シリーズの日本語版なのですね。今日、書店で見て知りました。

 シェイクスピア作品の本書だけ日本語版がないのは、「シェイクスピアなんか売れないよね」と敬遠されてしまったのでしょうか。

 真相は知る由もありませんが、少々気になります( ・◇・)

 

 ともかくも、今年のハロウィン塗り絵は、上の2点を完成させたところで時間切れとなりました。

 原因の9割は……カボチャ🎃です。

 「ハロウィンの街」に多数転がっていますが、日に1個も塗ると飽きてしまう為、遅々として進みませんでした(←実話)。

 来年は絵柄を選んだほうが良いかも(^o^;)

 

 今回、意識して季節ものの塗り絵に取り組んでみて、自然と気合いが入るので好感触を得ました。遠出せずに季節感を味わえて楽しかったです(笑)

 11月も何かテーマを探そうか、などと考えております(*^^*)

 よかったらまたお付き合いください(^o^)/