塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

『幸せのメヌエット』完成作品ギャラリー①

 こんにちは♪

ご無沙汰している間に、江種鹿乃子さんの塗り絵本、『幸せのメヌエット』を手に入れました。 

  ここまで4点の線画を塗りましたので、お目にかけたいと思います。

 

①眠れる栗鼠

f:id:white_fuga:20180707141451j:image

  爆睡する4匹の栗鼠です。

 黒い背景のページを塗るのは、塗り絵始めてから初でした。慣れないせいもあってか、目がチカチカして塗りにくかったです……


②狐と小鳥とアライグマ


f:id:white_fuga:20180707141723j:image
 秋の木洩れ陽にまどろむ狐。

 狐といえば後ろの動物は当然狸…かと思いきや、どうやらアライグマのようです(顔の模様から推定)。

 このページでは、面積の大きい部分を水彩色鉛筆で薄く下塗りして濡らし、乾いた後に油性色鉛筆で仕上げました。


③花火見物

f:id:white_fuga:20180707142416j:plain

 2足立ちの小動物が空飛ぶ絨毯に乗って、花火を見物にしています。

 この動物は何か?

 一見では特定しかねた為、あれこれ画像を検索し、プレーリードッグと解釈することにしました。

 顔の模様は、ユタプレーリードッグを参考にして塗っています。


プリンアラモード城攻略

f:id:white_fuga:20180707141133j:image

 鼠のトリオが特大のプリンアラモードをつまみ食いしています。

 可愛い小動物が悪さをする図というものは、私の好みのど真ん中なので、このページは終始ノリノリで塗りました(笑)

 鼠は、"曲者感"を出したくて黒っぽい毛色にしました。トクノシマトゲネズミという固有種の写真が、とても参考になりました(ありがとう、レッドデータブック!)。

 

 以上、4点を塗り終わった時点でも、「この本は今の私には難易度が高いのではないか?」という気がしています。

 ただ、試行錯誤を続けることで上達も早まるという手応えを感じました。うまく塗れると動物が余計に可愛く見えるのを励みに、頑張って塗り進めていこうと思います♪

 それでは、今日はこの辺りで。

よかったら次回もおつきあいください(*^ー^)ノ♪