塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。まったり気ままな塗り絵ブログ。

『ぬりえ天平文様 たまゆら』完成作品ギャラリー①

 こんにちは(*^▽^)/♪

『ぬりえ天平文様 たまゆら』の完成作品ギャラリー第1弾をお届けします。

 

■浅紅地花葉文夾纈薄絹(あさべにじかようもんきょうけちのうすぎぬ)

f:id:white_fuga:20190124213247j:image

画材:油性色鉛筆。

 本作品は地色部分と文様の一部でミックス色鉛筆の試し塗りをしました。

ネタ元の宝物は染織で、赤系の地色に夾纈染めを施した薄絹のようですね。

 

■白綾帳(しろあやのとばり)


f:id:white_fuga:20181125151630j:image

画材:油性色鉛筆、水彩毛筆。

 本作品では、主文(真ん中の文様)も副文(四隅の文様)も緻密なパーツの配置によって構成されています。

 パーツ1つ1つはさほど端麗ではないものの、塗り終わったら綺麗な模様になっているという面白さがありました。

天平文様の特徴ってこういうところかな」

と、漠然と感じています。

 

紫檀箱(したんのはこ)

f:id:white_fuga:20190124203153j:image

画材:油性色鉛筆。

 ミックス色鉛筆の色見本を作った際に、裏番組でこの線画を塗りました。

 試し塗りの意図に加えて

幾何学的に整った文様の中であえて色の"ゆらめき"を出すとどんなふうになるのか」

という興味もあったのですが、意外と悪くないと感じました。

 

※ミックス色鉛筆の色見本は昨秋11/14の記事に載せています。

 

■夾纈羅幡残欠(きょうけちらのばんざんけつ)

f:id:white_fuga:20190124203026j:image

画材:油性色鉛筆。

 2019年1月に塗りました。

 IRJ36(色辞典36色セレクトセット)の経験を積ませてもらった作品です。

 

■銀絵葡萄唐草文白綾(ぎんえぶどうからくさもんしろのあや)

f:id:white_fuga:20190203091147j:image

画材:サインペン。

 主にプレイカラーKで、ピンク・赤・紫の系統の色を使って塗りました。

 

■金銅葛形裁文(こんどうかずらがたさいもん)

f:id:white_fuga:20190317090657j:image

画材:顔彩、油性色鉛筆。

 『青金色』と銘打たれた顔彩絵の具で大部を着色しました。

 随所に散らばる円形は、ネタ元の宝物だと貴石が嵌まっている部分に相当します。本作品でも貴石の色をイメージしながら塗りました。

 

 以上、完成済の6点を列挙してみました。

 こうして並べると、天平文様は平安以降の和模様と趣が異なるものの、植物モチーフが多い点は共通していますね〜。

 天平時代は偲ぶよすがも乏しいほどの遠い昔ですが、

「当時の奈良ってビジュアル的にかなり渋カッコいい都市だったのかも♡」

と妄想してしまいます(*^^*)

 

 それでは、また(^^)/ 

 

【雑談】意欲とスケジュールが合わない日々。

 こんばんはー(^^)/

 年初以来『コロリアージュ フラワー パレード』を積極的に進めてきましたが、数日前、

「本格的に飽きてきたかも……(ーー;)」

と感じるに至りました。

 ちょうど3割程度攻略し終えたところだったので、"飽き頃"なのかもしれません。

 同書については大幅にペースダウンし、しばらくは他の塗り絵本を中心に進めていくことに決めました。

 

 折よく新しい本も1冊入手しました。

題は『ぬりえ天平文様 かぎろい』(創元社)。f:id:white_fuga:20190318150722j:image

この外観と題から察せられる通り、『ぬりえ天平文様 たまゆら』と同じシリーズで刊行されています。1冊に15点しか入っていませんが、アウトレットブックで半額以下になっていたので、即買いでした。

 今のところ、2点が完成しています。

「黄金瑠璃鈿背十二稜鏡」☟とーー
f:id:white_fuga:20190317204247j:image

「白地花葉文夾纈絁」☟です。f:id:white_fuga:20190318131919j:image

 基本的に長時間模様系を塗っていられないクチですが、天平文様は何時間も続けていられます。

 お蔭で快調な滑り出しとなりました(^o^)

 3つめの作品にも既に着手しています。f:id:white_fuga:20190318194524j:image

 こちらは表紙に出ている線画ですね。

 こういうくすんだ橙から明るめの茶に至る色の系統はあまり使い慣れないのですが、近々お絵描きで使う計画なので、手慣らしを兼ねています。

 否、"目慣らし"というほうが正確かもしれません。茶系統の色相互の識別が、その他の色の系統に比べて苦手なのです💦そこで、この線画を塗る作業と各色鉛筆の色番と名称を控える作業を同時に進めている訳です。

 ちなみに今度のぬいぐるみの正体は、後日のレポートまでヒミツです。ぬいぐるみお絵描きシリーズがお好きな奇特な方は、どうぞお楽しみに♪

 

 このように一応活動はしているものの。

 模様系ではない線画を塗るほうに、“本命不在"の停滞感を感じています💦

 塗りたいページはあるのです。

 が、構想だと序盤が鍵で、見通しの立つ段階まで一気に進めたいタイプに相当しています("本筋"になる類の線画ですね)。

 ところが実生活のドタバタ+体調不良(※花粉症絡みの不眠症とアレルギー反応)で、落ち着いて作業を始められる日がしばらく見付かりません(´д⊂)

 そういう訳で、気分的には現在待機中。

 "横道"の塗りかけページを取っ替え引っ替え塗り進めています。

f:id:white_fuga:20190318194750j:image

 上の平安貴族のページもその1つ。

 昨秋以降に何度か画像を上げていますので、見覚えのある方もいらっしゃるかも。

「まだ終わっていなかったのか……」

と呆れられるでしょうか^_^;。今日御簾に色を着けたことで、内装がほぼ塗り終わりました。十二単✕2人とあって、ここからが長そうですが(苦笑)

 ただ、こうした"横道"は"本筋"の進行中につまみ食い的に塗るのが最も楽しめるのも事実(『恋人がいるから浮気が楽しい🎶』と言ったら不謹慎かもしれませんが^^;)。

 その意味でも、次の"本筋"を塗り始める日が待ち遠しくてなりません。

 

 今回は、そんな近況報告でした。

 それでは、また〜(^^)/"

『コロリアージュ フラワー パレード』完成作品ギャラリー③

 こんばんはー♪

 『コロリアージュフラワーパレード』の完成作品ギャラリー第3弾をお届けします。

 今回は6点ありまして、すべて初のご披露となります(^O^)v

 

■花車

f:id:white_fuga:20190304100126j:image

画材:油性色鉛筆、サインペン。

 青×黃、2色の系統をメインにして塗りました。花車のモチーフは油性色鉛筆、上下四隅のレース模様は凝ったフレームと解釈してサインペン(プレイカラーK)を使用しています。

 画材の違いで階層性を表すのも1つの方法かと試してみたのですが、先入観なく見た時にどこまで伝わるのか、よく分かりません💦

 

■蝶

f:id:white_fuga:20190304100353j:image

画材:サインペン、筆ペン。

 

■人魚の海

f:id:white_fuga:20190306181328j:image

画材:油性色鉛筆。

 背景はミックス色鉛筆の「ぐんじょう」で下塗りした後、青・群青・紫の色鉛筆3色でひたすら塗り込みました。

 

■栗鼠のリース

f:id:white_fuga:20190304094909j:image

画材:油性色鉛筆。

 塗り絵本で人気あるモチーフ:栗鼠。

 目新しい配色をあれこれ検索して回った結果、黒リスという種の存在を知り、本作品のモデルとしました。

 毛皮が黒一色の動物は塗るのが難しいですね…(^.^; 

 

■文字通りのParadef:id:white_fuga:20190311231754j:image

画材:油性色鉛筆、サインペン。

 1つ前の栗鼠のリースと共通するモチーフが多く、途中で飽きて投げ出しそうになりました💦

 無事完成してよかったです(^o^;

 

■ペンギン御一行様f:id:white_fuga:20190313184545j:image

画材:油性色鉛筆、サインペン。

 先月、季節の塗り絵の記事で塗りかけをお目にかけたものです。やっと完成しました。

 線画をよく見たところ、全部異なる種のペンギン🐧が描かれていました。

 左ページはーー
f:id:white_fuga:20190313185039j:image

イワトビペンギン、右キングペンギン。

右ページはーー

f:id:white_fuga:20190313185703j:image

左ジェンツーペンギン、右フンボルトペンギンと解釈して塗っています。

 このページでは仲良しカルテットを組んでいますが、現実に異なる種のペンギン同士が遭遇すると何が起こるのでしょうね……?

 そんなことを考えながら塗りました😊

 

 以上、お楽しみ頂けたら幸いです。

 それでは、また。ごきげんよう〜(^^)/

【画材】顔彩、始めました。

 こんばんは♪

 最近、塗り絵の画面で使う✨金色✨に興味を惹かれています。

 1月以来、色鉛筆・メタリックマーカー・ボールペンと試し、遂に顔彩なる未知のアイテムまで獲得してしまいました。

 そう、1ヶ月ほど前に入手した旨だけお伝えした、顔彩耽美シリーズのスターリーカラーセットのことです↓。

f:id:white_fuga:20190306223003j:image

 こちらの練習を兼ねて何点かの線画を塗り始めたので、記事にまとめてみました。

 

■使い方

 固形水彩絵の具のように、水を含ませた絵筆で表面を擦って取り、画面に塗りつけるという使い方をしています。

 折線のないダンボールに適当な紙(本屋のロゴ入りのブックカバー。ごく普通の再生紙)を1枚敷き、その上に線画を載せました。

 

 余談ですが、筆を介して伝わる顔彩の感触は、程よい粘り気があります。個人的には、口紅を紅筆に含ませている時の感触が一番近い気がしました。

 

■背景部分の着彩

 1点目は、『京のみやびな和柄』所収の貝合わせのページです。この線画の背景部分で"桃金色"の顔彩を使いました。f:id:white_fuga:20190308000721j:image

 

 最初に、背景をベタっと塗り潰してみました☟。

f:id:white_fuga:20190306224405j:image

 上の画像で見える通り、結構な色ムラが出来てしまっています。

 もっと均質で水っぽさのない背景にしたかったので、更に同じ絵の具を重ねました☟。

f:id:white_fuga:20190306232241j:image

 少しムラが目立たなくなった気がします。

 この時点で紙がけっこう撓んでしっとりとしていた為、ダンボールごと水平にして放置したところ、数時間後には乾いていました。

 

 背景以外は油性色鉛筆を使い、ゆるゆる塗り進めている最中です(塗りかけですが、参考までに…☟)。

f:id:white_fuga:20190307191325j:image

 

■モチーフ主要部の着彩

 次に、モチーフの着色に使ってみました。

 塗った線画は、『ぬりえ天平文様 たまゆら』所収の「金銅葛形裁文(こんどうかずらがたさいもん)」です。

 ネタ元の正倉院御物は金属製で、制作当初はキラキラ✨だったと考えられます。

"青金色"でベタっと塗ってみることにしました。

f:id:white_fuga:20190307195140j:image

 青味があるのかよく分かりませんが、ともかくそういう名が付いています。

 工程が単純な割に時間がかかったのは、うねうねとした文様のせいに違いありません💦

 太さの異なる絵筆を2本使ってモチーフを塗った後、乾いてから、線画の中で丸く囲われている箇所を色鉛筆で塗りました。これは翡翠などの貴石をイメージし、原色を使用しています。

 最後に、綺麗に塗れなかった端の部分を金色の色鉛筆で補正し、完成となりました☟。

f:id:white_fuga:20190307195040j:image

 塗りムラが残念であるものの、質量感と輝きは期待通りに出た気がします(^^)。

 

■モチーフのごく一部の着彩
 3つ目は、モチーフの一部分だけで使った例です。

 塗ったのは、『ぬりえ天平文様 たまゆら』所収、「紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)」でした。

 ネタ元の御物は、赤い象牙製の定規です。定規と聞くと有り難みが半減しますが、天平美術の代表例として有名なものです。

 本線画はその文様のうち4つを"田"の字形に配置したもので、3/4から色鉛筆2色で攻略を開始していました。

f:id:white_fuga:20190307201324j:image

 画面のアクセントとなる"第三の色"として、顔彩の青金色を細い絵筆に含ませ、はみ出さないように気を付けながら、線の中を塗り潰しました(一度塗りに留めています)。

 下半分だけの画像ですが、現在はこんな感じになっています☟。
f:id:white_fuga:20190307205446j:image

正直なところ、半端過ぎて✨金色✨の効果のほどはよく分かりませんね…^_^; 

 完成した暁にはまた本ブログで取り上げますので、気になる方は続報をお待ち下さい(本作品は鋭意進行中で、長くはお待たせしない見込みです……一応💦)。

 

■終わりに

 顔彩(✨金色✨)に手を出してみて、使い勝手にも効果にもまずまずの好印象を抱きました。

 本格的に日本画に手を出すつもりは今のところありませんが、塗り絵に部分使いするだけでも表現の幅が広がる可能性を感じます。

 色がキラキラ✨してゴージャス感があるので、塗っていても楽しくなりますね。

 

 以上、顔彩試し塗りレポートをお届けしました。

 それでは、また〜(^^)/

【季節の塗り絵】ひな祭り【遅れて完成】

 こんにちはー♪

 季節の塗り絵(にしたかった)「吊るし雛」が一昨日完成しました☟。

f:id:white_fuga:20190307134335j:image

 上下の縁に濃い黄色を使ったお陰か、なかなか明るくなった気がします♪

 折角なので、野暮は承知で一晩だけ飾りました(笑)

 

 以上、取り急ぎ完成のご報告でしたー(^^)/

【季節の塗り絵】3/3はひな祭り【未完】

 こんばんはー🎶

 昨日はひな祭り🎎でしたね。

 ひな祭り🎎関連の線画を2〜3日前から塗り進めていたのですが、未完成のままで当日を終えてしまいました💦

 出来たところまでご覧に入れますね↓。

f:id:white_fuga:20190304151934j:image

『和の花暦と花もようぬりえブック』所収の線画:「吊るし雛」です。

 この風習に馴染みがなく、Instagramで画像を探して参考にしたのですが、ワタクシ、吊るし雛は苦手かもしれません。

 アフリカの仮面など郷土色豊かな一部の民芸品を見た時に

「ドチャッキーでなんだか怖い💦」

と感じることがありまして、今回もまさにそういううっすらとした悪寒を覚えました。

 雛人形自体が人間の代わりに災厄を引き受ける形代として成立したとか。そんな由来を思い出させるような形状だと思うのは、ワタクシだけでしょうか?

 この線画自体は和のモチーフが並ぶ穏当な可愛いものに見えますが、画像から受けたインパクトが冷めやらず、そろりそろりと塗っています^_^;

 

 このように季節の塗り絵が停滞気味なのに対し、季節外れの塗り絵:「燕子花」は先日無事完成しました☟。

f:id:white_fuga:20190304160733j:image

 主な画材は油性色鉛筆で、金色だけ三菱のSignoというボールペン☟を使っています。f:id:white_fuga:20190304161318j:image

 今回は金色を多用してしまいました。

 Signoの使用感が良いのもありますが、ほぼ尾形光琳の『燕子花図屏風』(国宝)のせいです💦💦

 群青の花を付けた燕子花が画面の下半分に群生する、背景が金色一色の図屏風で、言わずと知れた日本美術の傑作の一つですね。

 過去数回観たのですが、その度に頭がポーっとなる程深く魅入られまして、カキツバタと聞けばこの図屏風を思い出す始末です。そういう訳で、どうしても花を青くしたくなり、金色を散りばめたくなったのでした。

 背景の色は、水面を想定しています。

「燕子花の咲く水辺の色は、空が曇っているから、灰緑に見えていた気がする」

との記憶に従い、灰緑色の濃淡にしました。

 しかし、全体的には光琳が構築した世界観から一歩も抜け出せていませんね💦

 『塗り絵には個性が出る』と言われますが、今回出てきたのは燕子花図屏風への傾倒だけでした(笑)

 

 以上、あまり締まらない結末でしたが、季節絡みの塗り絵の話題をお届けしました。

それでは、また〜(^^)/~~~

『大人の塗り絵 美人画編』完成作品ギャラリー①:「想い」&「夏」

 こんばんは(^o^)

 今回は『大人の塗り絵 美人画編』完成作品ギャラリー第1弾でございます。

 お目にかけるのは「想い」と「夏」の2点のみなのですが、後者については制作のポイントにも触れています。

 よかったらお付き合いください♪

 

■想い

f:id:white_fuga:20190223230107j:image

画材:水彩色鉛筆、ダーマトグラフ、メタリックマーカー。

 2018年秋に塗りました。

 日本画っぽい仕上がりを目指した為水彩色鉛筆中心で、背景は事情によりステッドラー社のメタリックマーカーのお世話になりました。

 着物や帯の柄が手強かったのが印象に残っています。単に細かいだけでなく、こういう細部に"ぼかし"等の繊細な技巧を繰り出してくるのが和服の特徴なのですよね……💦気力を吸い取られる心地がしていました^_^;

 なお、制作中の紆余曲折は「制作の記録」記事(全3話)にまとめてありますので、よかったらご参照下さい。

white-fuga.hatenablog.com

white-fuga.hatenablog.com

white-fuga.hatenablog.com

 

■夏

f:id:white_fuga:20190223230421j:image

画材:油性色鉛筆。

 2月中旬に1週間程かけて制作しました。

 本書の中でも、構図・主題ともにとても好きな線画の1つです。花菖蒲が群生し、柳が揺れる背景から推定すると、この美人さんは水辺にいると解釈できます。

 水辺に和装の美人……(≧∇≦)

 俄然テンション上がった状態から、本作の制作は開始されました。

 以下、制作のポイントをいくつか挙げていきたいと思います♪

f:id:white_fuga:20190228195231j:image

◇テーマ◇

 テーマは"気品"です。

『原画から滲み出ている気品を損なわず、色鉛筆の長所も活かして塗る』

という課題になりました。

 というのも、原画手本を見た時に

「この人は目を伏せていて顔の特徴が分かりにくいのに、何故美人に見えるのだろう?」

と疑問が湧き、考えた結果、

「上品で凛とした雰囲気がよく表されているから」

という結論に達したのです。花菖蒲のイメージが巧みに人物に転嫁されている訳ですね。

 このように、作品の魅力の根幹が"気品"と見て取れたので、そこは大事にしようと決めるました。

 塗り方のほうは、油性色鉛筆に無理のない範囲で日本画風に寄せる方針を立てました。

 

◇頭部◇

f:id:white_fuga:20190227221235j:image

 原画見本の解説によると、「大丸髷」という髪型で、新妻の装いだそうです。

 そう言われても風雅に見分けられる日本髪は3種類(「花魁」と「大名の奥方様」と「その他」)だけで、特徴がさっぱり分からないのが実状ですが^_^;

 玉簪は翡翠、櫛は鼈甲のつもりで塗っています。

 和傘の簪は、見慣れない形状で見当がつかないのですが、布製と解釈しました。和装が一般的だった時代の小物や柄には、現代の感覚だと突飛なものもありますよね💦

 

◇着物◇

 原画では着物の地色は白、帯も白地に藍色となっていましたが、塗り絵としては寂し過ぎる気がして、変更しました。

f:id:white_fuga:20190228193320j:image

 着物の地を薄い藤色、帯の地色を薄い青磁色にした理由は3つあります:

・どちらも好きな色。

・上品に見えやすい。

・花菖蒲の花と葉の色に近い組合せ。

制作上は3つめが重要なポイントかもしれません。原画が花菖蒲のイメージを人物に転嫁する戦略を取っているので、ぎこちなくも踏襲してみました♪

 

 ところで、原画手本の解説文にはこの着物が"辻が花"だと書いてあります。着色の参考になるかと期待してインターネットで情報を漁ったのですが、確実に分かったのは

『"辻が花"と呼ばれる着物は中世から存在するが、どういう着物をそう呼ぶかは時代によって異なっている』

という一事だけでした💦💦

 伝統工芸あるあるー……Orz

 正体がよく分からなかったので、"辻が花"のくだりは読まなかったことにしました。

 という訳で着物の模様は、ぼかしが入る手描き染めのつもりで塗っています。

 

◇花菖蒲&蝶◇

 中景の花菖蒲は、原画では淡い青緑色の影のようにぼんやりと描き表されています。

 その描写には幻想的で強く惹かれたのですが、同時に

「これは日本画だから出来る表現だろうな」

と感じました。

 色鉛筆では、たとえ首尾よく似せられたとしても日本画の絵の具ほどの効果は出せない気がしたのです。

 逆に、画面のどこかに「線」の質感が打ち出される部分があったほうが色鉛筆に合うと考え、線画にはない葉の輪郭線や葉脈を描き込むことにしました。

f:id:white_fuga:20190228200522j:image

葉の輪郭線の"捏造"作業は楽しいのですが、葉の重なり方が不自然にならないように気を付けながら進める為、一際集中して行います。一度に20分程度しか持続しないので、着物と並行しながら塗り進めました。

 

 花の色は、早い段階で色辞典ラピスラズリをメインで使うと決めていました。

 現実の花菖蒲は青い花でもやや紫がかっているようですが、

「凛然として気品を感じさせる和の色と言えば、何と言っても瑠璃色!ラピスラズリ!」

とここは強行突破しました(笑)f:id:white_fuga:20190228203131j:image

 蝶は、カラスアゲハとして塗る案も浮かんだのですが、緑がかった光沢を放つ黒い翅の色は、現在の力量では到底塗り表せず、断念しました……(ToT)

 思案の後、この画面の蝶は『一瞬花かと見紛う』ことが存在意義だと思い、花の色に似せて藍色がかった翅色にしました。
 なお、カラスアゲハ塗りは当然今後のリベンジ項目の1つです。難しそうなので、いつ実現出来るやら……💦でも、頑張ります。

 

 以上、「夏」の制作話が結構長くなってしまいましたが、『大人の塗り絵 美人画編』ギャラリー第1弾をお届けしました。

 今回もお付き合い頂き、ありがとうございました。

 それでは、また〜(^^)/"