塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

【制作の記録】夾纈羅幡残欠、染める気分で塗る文様 その1

 こんばんは。

 最近、『ぬりえ天平文様 たまゆら』所収の「夾纈羅幡残欠」を塗り進めています。

 "色辞典"に親しみつつ天平文様に耽溺もしようという欲張りな試みなのですが、久々に制作レポートなど記してみようかと思い立ちました。

 よかったらお付き合いください(^_^)f:id:white_fuga:20190119130554j:image

 

■作品名解題

 この「夾纈羅幡残欠」なる作品名は「きょうけちらのばんざんけつ」と読むようです。

 「夾纈」は、版木を使って文様を染める技法です。

 「羅」は薄い布地の一種で、「幡」は仏教寺院などで目印として掲げられる物を指します。

 そして末尾に「残欠」とあるので、完品ではなく断片だということ。

 つまり、『夾纈技法で文様を染め出した薄い布製の"幡"の現存部分』と解せます。

 

 耳馴れない用語ばかり並べてすみません。

 塗り絵絡みのポイントは、2点です:

①ネタ元の宝物が布であること。

②文様が夾纈で染め出されていること。

 こういった情報を踏まえ、古代の色や意匠を適度に取り入れつつ、まっ更な長方形の一枚布を染める気分で、今回は塗りました。

 

■地塗り

 という訳で、まずは地の部分です。

 地は、着色見本に倣って縦長の長方形に整えました。

f:id:white_fuga:20190118073737j:image

 

 上段に三菱880色鉛筆のうすべにいろ(36)、中段に色辞典の子鹿色(LG-1 fawn)、下段に三菱880色鉛筆のこいあかむらさき(35)と並べています。


f:id:white_fuga:20190119130719j:image

 

 色を3色のグラデーションにしたのは、

「"アジアの布"っぽさが出るかも?」

という思いつきによるもの。

 エスニック屋で見かけるスカーフ等、天然素材の布が複数の地色で染め分けられているのを不意に思い出したのです。

 布の地色を夾纈で多色に染め分けるのは非常に困難だったと考えられるので、この配色は塗り絵ならではのアレンジかと思います(^^♪

 

■文様塗りの基本方針と記録用アイテム

 地の部分を一通り塗ったあとで、文様部分を塗る基本方針を決めました。

色辞典36色セレクトセットのみ使用

②左右対称

③葉は中央を明るく、両端を暗く

④配色については攻める

 

 ①と④は色辞典セレクトセットの可能性を量る上でも必須の方針です。

 まとまる範囲で多彩にしたいと思い、各部の使用色をメモすることにしました↓。

 f:id:white_fuga:20190119141802j:image

 これは100均でアイディア構築用のメモ用紙として売っていたものです。

 色やコンセプトをメモするのに使えそうだったので、今回試してみることにしました。

 

 画像は、制作中の書きかけの状態です。

 左側の列は地色の記録に使いました。

 真ん中と右の列には、文様各部の花の色などを書き付けています。

 

 ここから文様各部の話に移りたいところですが、細かくなりそうなので、次回に持ち越します。

 よかったらまた遊びにきてください。

 

【追記】

 作品名解題の章は、何をどう書けば分かりやすくなるか悩んだ挙句、最も簡略化した説明を目指してみました。が、「いっそ詳しく説明されたほうが分かるのかも」という気もします。もし補足説明をご希望でしたら、コメント欄かInstagramのDMでお寄せ下さい。

 

【画材】色辞典に慣れたい冬の1日【試用】

 こんばんは~。

 「色辞典36色セレクトセットと仲良くなりたい!」ということで、本日も色辞典を弄んでおります。

 

 今朝、『世界の模様 ぬりえの旅』で、手持ちの"色辞典"を1色ずつ塗ったまま未完成のページがあったのを思い出し、先にそれを完成させることにしました。

 出来たものがこちらです↓。
f:id:white_fuga:20190116225111j:image

 同寸の亀甲文様、色数を搾ると飽きてしまうのが明々白々な為、元は色辞典の色鉛筆を買い足す度に1個ずつ塗り足していました。

 今回、縁あって一気に28色も増えた為、亀甲のほうが足りず、塗れていない色もあります。色見本としては不完全…^o^;

 それでも、塗るそばから英語の色名と色番を書き入れたお陰で、色味や感触が少しずつ分かってきた気がします♪

 また、『世界の模様 ぬりえの旅』自体、2018年中の卒業を目論みながら未達成で忸怩たる思いを感じていたので、このページが完成して気持ちが上向きました。

 

 気をよくしたところで、夕方からは『ぬりえ天平文様 たまゆら』で進行中のページを進めました。

 こちらの作品名は「夾纈羅幡残欠(きょうけちらのばんざんけつ)」です。

 花や葉を少しずつ塗っていき、文様部分が4割近く出来上がりました。

f:id:white_fuga:20190116231300j:image

 遊園地よりも遥かに色が馴染んでいますね。色辞典和柄と相性が良いようです♡

 未着色の線画だと文様のパーツが花なのか葉なのか分かりにくく、着色見本のページと照合しつつの進行になっています(ジグソーパズルを組み立てた時の事を思い出しました)。

 色のバランスを考えると36色の半分程度しか使えなそうな見込みですが、個性的なセットの構成員同士なので、意外な組み合わせなども狙えそうです。

 

 今回の記事は、色辞典で楽しく遊んだ報告になってしまいましたね。

 まとまりませんが、今日はこの辺りで。

 お休みなさい(^o^)丿

 

 

【画材】"個性派"色辞典36色セレクトセット【感想】

 こんばんは〜。

 今回は、先日ご紹介した色辞典セレクトセットの話の続きです。本セット購入検討中の方は必読(?)の、使用者の生の声をお届けしたいと思いますヽ(^o^)丿

 

■バラ持ちとの色被り

 このセットを使い始める前、風雅は"色辞典"の色鉛筆を15色使っていました。1年ほどの間に、必要に応じて何本かずつバラで買い足していたものです。

 セレクトセットのラインナップと照らし合わせると、8本が重複していました。f:id:white_fuga:20190115135316j:image

 バラ持ちのと重複が生じることは事前に分かっていましたが、肌を塗るとか壁を塗るとか、特定の場面で定番色として使っている色が多かった為、「次のを買い置きする手間が省ける〜♪」程度の認識でした。

 この被った8色については、セット内の新品と従来品を入れ替え、新品は買い置き文具の箱で保管しています。

 

■試し塗り

 試し塗りの『コロリアージュ フラワー パレード』の観覧車のページは、未完成ながら、何となく雰囲気が出てまいりました。f:id:white_fuga:20190115132342j:image

 ご覧の通り、衝撃的なまでにキャピキャピ感(死語?)のない遊園地になりそうな気配です(・_・;)

 配色も技法も度外視でとにかく36色使ってみる方針で、ここまで渋い雰囲気になるとは予想外でした。ミスマッチ過ぎて面白いので、引き続きこの方針で進めてまいります。

 

 この見開きページでは、一部で重ね塗りなども試しています。
f:id:white_fuga:20190115183105j:image

 薔薇の花は1輪に2色で濃淡をつけることにしました。

色辞典は混色が綺麗にいかない』説を時々読むことがあるのですが、類似の2色ならば、まずまずの首尾になるようです。

 ただ、着色中に"ワックスの限界"(これ以上色がのらない、と感じるところ。正式な呼び名が分からないので、勝手にこう呼んでいます)には何度も遭遇しました。重ね塗りの量的なキャパシティが小さいのかもしれません。

 となると、要求されるのは技術…ですかね〜、やはり(・ิω・ิ)

 あれれ、もしや注文の多い色鉛筆?

 

■均質性の問題

 色辞典セレクトセットを使い始めて数日。

 今のところ、大いに困惑する点が1つあります。36本の色鉛筆それぞれで、使用感が均質でないことです。

 というのも、従来の"色辞典"は硬くて色が伸びない(混色しにくい)傾向がある一方で、新登場の10色は軟らかく、色が濃い目に出るようです。

『新色は、色辞典を使っている気がしない』と言われるほど使用感が違うと聞いていたのですが、今回、身をもって感じました。

 それが1つの箱の中で新旧入り乱れているとどうなるかというと、軸色だけで選んで塗り始めた時に

「思ったより色が伸びない…」とか、

「硬いと身構えたら軟かかった!」とか、

肩透かしを食らう羽目になります。

 色鉛筆は銘柄ごとに特徴がまとまっていることが多い為、使い慣れない色でも

色辞典で薄い色ならかなり硬い」とか、

「プリズマカラーは濃く出るから最初は慎重に……」とか、

どんな感触や質感になるか見当を付けられるものですが、本セットだとそれがうまく機能しない訳ですね。

 人間の先入観が裏目に出るケースに過ぎないと言えばその通りなのですが、色を変える度に軽くドキドキするのも気が散ってどうなのか、と思います。

 

 この問題は、36色を使い込んでしまえば解決すると予想されるので、早く使い慣れるようにしたいと思います。

 なお、"色辞典"の新色は、色番の頭に『EX-』と付いているようです。急ぎの時はここをチェックするだけでも使用感の見当がつくかもしれません。

 

 以上、3つのトピックを中心に、使い始めて1週間未満の感想を綴ってみました。ご参考になれば幸いです。

 あとは、セレクトセットを使って塗った作品をご覧に入れたいので、まずは遊園地の見開きページを頑張ります♪

 並行して、久々に天平文様にも手を着けています。文様部分には本セットの色鉛筆を使ってみる構想です。セレクトセットの照準である自然物ではありませんが、遊園地よりは馴染みそうな予感がして、楽しみです。 
f:id:white_fuga:20190115222901j:image

 

それでは、今日はこの辺りで(^^)/

【画材】"個性派"色辞典36色セレクトセット【新着】

 こんばんは。

 年明けから冬バテ気味の風雅です。

 気力・体力の枯渇で塗り絵もあまり進んでいなかったのですが、昨日、新しい色鉛筆セットを入手しました!

 何かと言いますと、"色辞典"の36色セレクトセットです。妹が少し遅めの誕生日プレゼントをくれるという話になったので、リクエストしてみました🌸

f:id:white_fuga:20190113184008j:image

 色辞典と言えば、定評ある本格派の油性色鉛筆です。従来90色を展開しており、色調毎に分類・セット売りするとか、独自路線を邁進中の印象もありますね。

 そんなオリジナリティ溢れる"色辞典"シリーズからセレクトセットが発売されたと聞き、昨秋の登場時から気になっていました。

 

 注目点は、36色の内訳です。

「この個性派色鉛筆の作り手が『色辞典を代表する36色』を選んだら、どんな色が入選するのか?」と興味を惹かれました。

 第一に驚いたのは、「新色10色が含まれている」ことです。裏返すと、従来のラインナップ(全90色)では、定番セットを作るのに10色も足りていなかったという訳で、

「これまでの"色辞典"とは一体……」

と苦笑してしまうのはワタクシだけでしょうか?

 

 そこで、改めて商品説明がないか確認すると、本セットの紙ケースにそれらしき記述がありました。内容をまとめると、色辞典セレクトセットの商品コンセプトは、以下のようになるようです:

①"色辞典"は、自然物の色を再現するような、美しい色合いの色鉛筆である

②絵を描くのに使いやすい色とその組み合わせを、プロの色鉛筆画家が36色厳選した

③以上を考え合わせると、本商品は自然物を描くのに最適な色鉛筆セットである

 ちなみに、選んだプロの画家とは、河合ひとみ氏です(色鉛筆画の技法書を何冊も出している方です)。風雅個人は『世界の模様 ぬりえの旅』の著者として親しみがあり、「あの河合先生が選んだなら、実用性は間違いなくありそう」と感じました。

 なお、本セットには『ミニ活用辞典』という小冊子が付いていますが、この冊子も河合先生が文・挿画とも担当しています。

 

 さて肝心のラインナップですが。

「いい意味で個性的な取捨選択の賜物だ~♪」と感じています。

 まずは、ざっと36色使ってみました↓。

f:id:white_fuga:20190113212247j:image

 一見しただけで、「よくあるピンク色」と「よくある黄緑色」と「よくあるミント色」がないことが分かります。

 その反面、渋めの色がいくつか、ちゃっかり入選を果たしていますね。例えば、深海色(EX-4)、小豆色(EX-8)などです。

(深海色↓)

f:id:white_fuga:20190113215703j:image

(小豆色↓)

f:id:white_fuga:20190113215723j:image

試し塗りをしながら、

「こんな色を頻繁に使うものかなぁ…」

と意外に思いました。自然界ではよくあるけれども、人目についていない色なのでしょうかね?

 その当否はともかくも、かなり大人びた(というか枯れた)雰囲気のセットであることは事実でしょう。

 商品説明でも自然物の描写に強いと明記してあるとか、独自色を前面に出して来ているのが感じられます。

 セレクトセットでも『個性>汎用性』を重視とは、なかなか冒険精神がありますね♪個人的にこういう姿勢は大歓迎です。

 

 現在は、こういう考察などを加えつつ、「渋いわー」、「でも面白いわー」と言いながら、試し塗りをしているところです。f:id:white_fuga:20190113222358j:image

f:id:white_fuga:20190113222410j:image

塗っているのは『コロリアージュ フラワー パレード』の観覧車🎡の見開きページです。

本セットのターゲットである自然の風景ではないかもしれませんが、まずは各色の特徴や力加減に慣れるつもりでこのページを塗ってみようと思います。

 

 そういう訳で、半端なレポートになってしまってすみません。また別の日に続報していきたいと思います。

 それでは、今日はこの辺りで。

今年もよろしくお願いします。

 こんばんは~♪

 明けましておめでとうございます。

 

 今年の"塗り初め"は、『コロリアージュ フラワー パレード』の最終ページ↓です♪
f:id:white_fuga:20190104225956j:image

※画材:油性色鉛筆

 

(拡大部分画像1:妖精)
f:id:white_fuga:20190105103411j:image

(拡大部分画像2:ハート形の風船)
f:id:white_fuga:20190105103616j:image

 

 この本は昨年試し塗りを兼ねて扉ページの小型イラストを塗ったのみでしたので、ここから本格始動になります。こういうのも新春らしくていいかな、と考えました。

 お正月感が薄い絵柄ですが、

「風船を『夢』や『希望』の象徴と見なせば、立派に書き初めのテーマだよね?」

とこじつけておきます( ̄ー ̄)ニヤリ

 なお、真のこだわりは夢でも希望でもなく、とりあえず楽しんで塗ることでした(笑)

 そんな訳で工夫らしい工夫もありません。

 気をつけた点は、風船も妖精も程々の塗り込みに留めたことくらいでしょうか。いつもの厚塗りだと、空中に浮くのが不自然なくらい重く見えること必定だったので、比較的軽やかにまとまって一安心しました♪

 

 こんな具合で、塗り絵のほうは昨年同様、硬軟織り交ぜつつ進めていく所存です。つまり本筋と枝道(多数)の同時進行でいきます♪

 

 ブログのほうは……実は、発信の形式に少々悩める今日この頃(・_・;)

・『現状、風雅の塗り絵絡みの活動は分かりやすく伝えられているか?』

・『読む方にとって少しでも得るところのある記事を提供できているか?』 

 以上の2点がとても気になっています。

 こういうことはトライ&エラーで改良していくしかないので、当面ブログに形式上のブレが見られるかもしれません。

 その際はどうか温かく見守って頂けると嬉しく思います。また感想・質問など頂けたら躍り上がって喜びます。

 

 という訳で、2019年もマイペースに頑張リますので、どうかよろしくお願いします。

 取り急ぎ、ご挨拶まで♪

【雑談】2018年のベスト5

 こんばんは~。

 大晦日2本目の投稿は、ワタクシのベスト5〜2018年版〜でございます。

 実はInstagramで多くの塗り絵師さん達がご自身の好評作品をベスト9としてまとめていらっしゃいまして、こっそり真似したくなったのでした(*´σー`)エヘヘ

 以下では今年Instagramに投稿した完成作品のうちで、「いいね!」得票数の多かった作品上位5つを上げてみたいと思います♪ 

 

■1位:ハロウィンのネズミさん@『心ときめく四季のワルツ』

f:id:white_fuga:20181231215400j:image

 

■2位:波と珊瑚礁の文様@『海の楽園』f:id:white_fuga:20181231195233j:image

 

■3位:ウサギ尽くし@『夢色プリンセス塗り絵』

f:id:white_fuga:20181231231354j:image

 

■4位:蓮池のネズミさん@『心ときめく四季のワルツ』

f:id:white_fuga:20181231220518j:image

 

■5位:ハロウィンの街@『心ときめく四季のワルツ』

f:id:white_fuga:20181231231454j:image

 

 以上が風雅のベスト5でした。

 自分で力作だと思う作品と、見た方から好評を頂けた作品があまり一致しないのが興味深いところです。

 例えば、動物塗りは苦手なのですが、上位5点のうち4点が動物であるとか……。

 線画が可愛いので、拙作も何割増しか可愛いと感じて頂けたのかもしれません(^^;

 また、塗りかけ卒業キャンペーンで完成にこぎつけたものが2位と3位に入り、キャンペーン頑張ってみて良かったなあ…と感じました。

 

 話はベスト5から離れますが。

 今朝の記事で触れた今月の"ラスボス"も無事塗り上がりました↓。

f:id:white_fuga:20181231232406j:image

 "Nightfall"の睡蓮のページです。

 ファーバーカステル社の油性色鉛筆:ポリクロモスのみで塗りました。

 

 …と、こんなバタバタした調子でこの1年間、塗り絵をしてきました。

 バタバタですが、楽しかったです♪

 また来年もマイペースに塗り、ブログにてご披露出来れば、と考えておりますので、良かったらまた遊びにきてください。

 それでは、良いお年を~!!

 

【追記】Instagramでは『white_fuga』というアカウントで塗り絵作品を投稿しています。

よかったら探してみてください(^o^)/

「ブログの感想をこっそり伝えたい」という方は、Instagramのほうでお寄せ頂いても結構です(亀レスですが……)。

塗りかけ卒業キャンペーン余話〜その4

 おはようございます。

 今日も寒いですね~🍃

 風雅は昨日が仕事納めでした。帰省もしないので、今日からのんびり過ごします♪

 

 塗りかけ卒業キャンペーンも最終日になりました。進捗はと言えば、手のかかる未完作品群に振り回されております(^^;

 その1つ、以前の記事で触れた扇散らしのページ(『平安王朝絵巻ぬりえbook』所載)が、数日前にやっと完成しました↓。f:id:white_fuga:20181229181700j:image

画材:油性色鉛筆、メタリックマーカー。

(左ページ)
f:id:white_fuga:20181229160832j:image
(右ページ)
f:id:white_fuga:20181229101026j:image

 配色面で最後まで攻めた結果、多少個性的な和柄になったような……┐('~`;)┌

 川の両側の部分は、草の生い茂る河川敷を想定して「ふかみどり」のミックス色鉛筆で塗り込んだのですが、もはや魔物でも生まれてきそうな色合いですね💦どんな柄部分よりも目立つ"無地"部分になりました。

 

 更に、上の作品と並行で、『森の少女の物語』のミニカード2点も塗り上げました。

f:id:white_fuga:20181229175542j:image
f:id:white_fuga:20181229175526j:image
 2点とも画材は油性色鉛筆です。

 元は1枚の紙になっていたので、外枠部分を思いっきり塗った後、中側は3割程着色した状態で中断していました。

 キャンペーンの一環で再開し、鳥さんを塗った時期はクリスマスでした(笑)。

 しかし、生き物でこの色合いだとトロピカル🌴な印象になりますね(^^;

 

 現在、扇散らしのページが終わった後から、最後の大物に本腰を入れています。

 2018年も塗りかけ卒業キャンペーンもあと14時間ですが、最後まで頑張ってみます(^^ゞ

 

 皆さま、どうぞ素敵な大晦日をお過ごしください(*^ー^)ノ♪