塗り絵をめぐる冒険

いち美術ファンによる、「目指せ、塗り絵上手!」な試行錯誤あれこれ。

【夏のレビュー企画】『幸せのメヌエット』前編

 こんにちは♪

 待ちに待った三連休ですね(*^^*)

 今回は『幸せのメヌエット』のレビューですが、長くなりそうなので前後編に分け、ひとまず前編だけお届けしたいと思います。

 

■基本的なこと

『幸せのメヌエット
f:id:white_fuga:20180917190717j:image

著者:江種 鹿乃

発行元:ナツメ社

発行日:2016年8月18日

 

◇特色◇

・両面印刷

・インデックスなし

・塗り方ガイドなし

・付録:ポストカード&オーナメント

・作品数:75点

・主なジャンル:風俗画系

 

■出会いと付き合い

 小動物好きの彼氏から、条件付きのプレゼントで貰いました。

「買ってあげるから、モモンガを可愛く塗ってくれよ~」という話だったのですが、届いた本を開き、息を呑みました。

 「ヤバい、これ絶対難しい線画だ…」 と。

 動物が苦手である上、ある程度立体感を出さないと綺麗に仕上がらない印象を受け、定されたページをいきなり塗るのは断念(^^;

 動物に慣れる為に、塗り易そうな作品を何点か塗ってから、本命のモモンガに着手しました。

 このページ、制作開始前の画像を撮っていなかったので、開始日の塗りかけ画像を載せておきます↓。

f:id:white_fuga:20180921193615j:image

「上手に塗れたら色鉛筆を買ってあげる」

と、ニンジンをチラつかされ、背景から120%の全力塗りでした(^o^;)

 完成した作品が、こちらです↓。

f:id:white_fuga:20180921194459j:image

 出来については、いくつも反省点が浮かぶのですが、「制作期間中ずっと気合満点で塗ってみるとどれ位やれるのか」を測るいい機会になった気がします。

 

 なお、このモモンガ攻略プロジェクトが終わった後は、多少ペースダウンしました。

 今後は焦らずじっくりと塗り進めていくことにしています。何故かと言えば、風雅には難易度の高いページが多い為、慎重にならざるを得ないのです。

「途中で大失敗して完成させられないのでは……」

と、いまだ新しいページに着手する度にドキドキしています(^^;

 

■幕間口上+着色例

 ここまでのように、対象の本との個人的な付き合い方をざっと記して中身の紹介に移るのが、いつもの形式なのですが。

 実は、ここ数ヶ月の付き合いの中で、この本に対しては愛着と隔意、著者に対しては敬意と軽蔑が半ばする心境になっております。

 隔意だの軽蔑だの、強烈な単語が出てきてすみません💦ただ、風雅がこの本について語る場合、避けて通れないのも事実です。

 という訳で、本書のどういった特徴がそうした反応を呼び起こしたのかも伝わるよう、「どんな塗り絵か」を書いていくつもりですが……それは後編にて。

 それに先立ち、モモンガ攻略プロジェクト以前に塗った作品5点を載せておきたいと思います(なお、一部は完成作品ギャラリー①の記事で載せたものと重複します)。

 

①眠れる栗鼠

f:id:white_fuga:20180922103021j:image

画材:油性色鉛筆。

 

②獣たちの秋
f:id:white_fuga:20180922103137j:image

画材:油性色鉛筆、水彩色鉛筆。

 

③花火見物

f:id:white_fuga:20180922103258j:image

画材:油性色鉛筆。

 

プリンアラモード城攻略
f:id:white_fuga:20180922103404j:image

画材:油性色鉛筆。

 

⑤森のオールスターズ

f:id:white_fuga:20180922110223j:image
画材:油性色鉛筆。

 

 ①~⑤まで時系列順に並べました。なお、各ページの題名は、風雅が勝手に付けた仮題です。

 

 申し訳ありませんが、前編はここまでとなります💦

 後編含め、よかったらまたお付き合いください(^o^)/

【雑談】"Escape to Shakespeare's World"【新刊】

 こんばんは(*^^*)

 今回は突発記事です。

 9/15、新しい塗り絵本が届きました゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚

f:id:white_fuga:20180916014324j:image

"Escape to Shakespeare's World"という題の、ムック型の洋書です。シェイクスピアの故国イギリスで発行されました。

 パラパラとめくっていくと……


f:id:white_fuga:20180916020206j:image

やや妖しい目付きのシェイクスピア氏。


f:id:white_fuga:20180916020226j:image

マクベス』の主人公マクベスの居城。


f:id:white_fuga:20180916020447j:image
ヴェネツィアのリアルト橋は、もちろん『ヴェニスの商人』から。

 こういった写実系のイラストの他、台詞に着想した幻想画風のイラストが、その詩句とともに多数収められています。

f:id:white_fuga:20180916021642j:image

 原則的に文字が書かれたイラストを好まない風雅ですが、箴言や格調高い詩句は、ミスマッチでなければ許容範囲。本書のイラストは、抵抗感なく受け入れられました♪

 

 全体に、『シェイクスピアの作品の名場面を描いた』というより、『詩句や作品の背景から喚起される空想を視覚化した』と理解したほうが適切かと思います。

 今はまだ線画を眺め渡しただけなのですが、面白い試みだと感じました。

 これから、シェイクスピアの作品も参考にしつつ、マイペースに楽しく塗っていきたいと思います(*^^*)

 

 という訳で、今回は簡単なご報告まで。

 次は進行中のレビュー企画になると思いますが、よかったらお付き合いください。

 では、本日はこの辺りで(^o^)/

【夏のレビュー企画】『森の少女の物語』

 こんばんは♪

 更新が遅れてしまい、すみません💦

 今回は、ポストカード型塗り絵の『森の少女の物語』を取り上げます。

 

■基本的なこと


f:id:white_fuga:20180831233337j:image

著者:井田 千秋

発行元:日本ヴォーグ社

発行日:2017年12月24日

 

◇特色◇

・片面印刷+裏面ワンポイントイラスト

・塗り方ガイドあり ※1ページ分

・作品数:20点

・作品のジャンル:風俗画系

・インデックスなし

・着色見本あり ※8点

 

 葉書サイズの線画20点が、各2枚ずつ。

 この他に、小型カード6種類が各2枚ずつと大型カード1枚が付いてます。

 また、着色見本は著者の手になるもので、これもポストカード仕様になっています。つまり、切手を貼れば郵送に使えます。

 

■出会いと付き合い

 塗り絵を始めて間もない頃、本屋で現物を見て、「葉書大なら塗りやすいかも?」と思って買いました。

 遠近感のある"絵画"らしい線画が多く、その種の線画に挑戦し始めるのにうってつけかと考えたのです。

  期待は、半分だけ的中。

 葉書仕様で大きさも手頃な上、先に切り離して塗れる点で、環境的に塗り易いのは想像通りでした(*^^*)

 反面、絵柄のほうは、意外と初心者にとって難しい印象を受けました。

 1枚の線画に、人物、植物、家具、雑貨等、種類の異なる対象が描かれていて、塗り分ける技術が必要だと痛感💦

 悲しいことに、そういう事実は塗り始めてから気がつくものなのですよね……(..) 「うむむ、これは容易ならん」と思ったところでペースダウンし、はや数ヶ月。

 正直に言ってやや放置気味です(^^;

 本ブログで殆ど言及していなかったのも、そういう事情によります。

 スイッチが入ると途端に進む類の塗り絵本だとも感じているので、未来に期待したいと思います💦💦

 

■ズバリ、どんな塗り絵か

 本書は、森の中に住む、借り暮らしのアリエッティ並に小さな女の子の生活を描いた線画集です。

 題に"物語"とあるものの、個々の線画相互に明確な連続性はなく、起承転結のある物語ではありません。

 ただ、女の子が木の幹を住居として改造して暮らしている為、本書はある物語の設定資料を眺めるような趣が感じられます。

 奇しくも、線もコンテに似た茶色。

 明瞭な輪廓線と、陰影を表す点や線があり、全体に丸みを帯びているのが特徴です。

 著者の画風とも合って、全体に温かみのある画面になっています。

 例によって、塗りかけのページを載せてみましょう↓。

f:id:white_fuga:20180904171415j:image


f:id:white_fuga:20180910193950j:image

 カントリー調の風情ある住まいですね。嫌味も毒気もなくて、ひねくれ者の風雅には何となーく居心地の悪い世界(^^;

 そんな好みの問題にも増して、気になる点は、"物が多い"という事実でしょうか。

 「断捨離しなよ…」とかではなく、あくまで塗り手目線で、物が多くて種類も豊富なのは厄介です。配色も悩みますし、何と言っても材質の違いを塗り分けないと、線画が活かしきれません💦💦

 そういう訳で、葉書サイズながらそれなりの難易度を感じさせられます。ただ、挫折する前に塗り終わるのが有り難い点です。

 

 本書には、下の画像のような見本が8点付いています↓。

f:id:white_fuga:20180912155938j:image

 これが、作者ならではの完成度とプロならではの技術を見せつけてくれていまして、「塗り絵の見本としてはどうなのか」という気がします(^^; "上手過ぎてなかなか真似が出来ない"という好例では、と。

 また、8点とも画材やタッチが似通っているのも、見本としての価値を下げていると思いました。

 塗り絵本の着色見本は、読者に「私にも塗れる」、「こんな塗り方もしてみたい」という手応えや刺激をもたらして然るべきだと思うのですが、本書の場合はあまりそういった利点が感じられず、残念なオマケと化しています。

 個人的には、見本無しでも、その分値段を下げて発売してくれたほうがよかった、と感じました。

 

 しかし、その残念な見本のページを除けば、本の造りは上々です(*^^*)

 何と言っても、紙が塗りやすい…!!

 本書最大の長所は、と問われれば、風雅は迷わずこの紙質を上げます。

 ちなみに、これまで本書で使ったことのある画材は、油性色鉛筆、水彩色鉛筆、サインペン、水彩毛筆です。

 乾いた水彩色鉛筆で塗った後から水筆でなぞった際には、紙が少し反った記憶があるのですが、数ヶ月クリアファイルに挟んで放置したところ、撓みが残っていませんでした(*^^*)

 線画1種につき2枚ずつ入っているのも、面白い特徴ですね♪ 誰かに作品をプレゼントしたり、葉書として送ったりする方には便利そうです。

 ただ、既にレビューしている方々が揃ってこれを絶賛しているのを読むと、多少違和感があります。

 というのも、風雅自身は2枚組のうち2枚とも着色したことがないのです。飽きっぽい為か、同じ線画を2回塗る気がまるで起きません…(^^;

 風雅と同じように片側のカードは白紙のまま残っている方もいるのではないか、と想像されるのですが、皆さまどう活用しているのでしょうか。少々気になるところです。

 

■着色例


f:id:white_fuga:20180910203514j:image
画材:水彩色鉛筆。

水を使わない、「ドライ」と呼ばれる塗り方のみで塗りました。窓ガラスは、透明なガラスを塗る技術がなかったので、苦肉の策としてステンドグラス風に着色しました。


f:id:white_fuga:20180829215641j:image

画材:油性色鉛筆。

 最初に持っていた12色の色鉛筆セットで難儀し、混色も上手くいかず、何本かバラで買い足してから完成させた作品です。

f:id:white_fuga:20180910203648j:image
画材:サインペン、水彩毛筆。

 「ペン類でどれだけ塗れるのか?」と試しに塗ってみた作品です。家具や小物をペンで色を塗り分けようとした結果、微妙なセンスの部屋になりました💦

 

■終わりに

 おしまいは恒例の感想コーナーです。

 ・好きか★★★★★☆☆☆☆☆「普通」

 ・良いか★★★★★★★☆☆☆

 ・使い勝手 ★★★★★★★★☆☆ 

    ・達成感★★★★★★☆☆☆☆

 ・推奨度★★★★★☆☆☆☆☆

 本書は使い勝手がいいので、著者の画風が嫌いでなければ、買って損した気分にはならないと思います。

 ただ、絵柄の特性上、始めたばかりで手持ち画材の色数が少ない方や、これから始めるという方には向かないかもしれません。

 

 以上、『森の少女の物語』レビューをお届けしました。

 残るは2冊ですね。どちらの本になるか分かりませんが、よかったらまたお付き合いください(*^^*)

【夏のレビュー企画】『世界の模様 ぬりえの旅』

 こんばんは(*^^*)
 今回は、『世界の模様 ぬりえの旅』を取り上げたいと思います(*^^*)

■基本的なこと


f:id:white_fuga:20180817204437j:plain


著者:河合ひとみ
発行日:2015年3月15日
発行元:誠文堂新光社

◇特色◇
・両面印刷
・塗り方ガイドあり ※13ページ
・インデックスなし
・付録なし
・作品のジャンル:模様系

作品数は計数できず、分かりません💦

■出会いと付き合い
 昨年末、本屋の店頭で知り、買いました。
 様々な伝統模様を塗り絵にしたのが新鮮だった上、塗り方ガイドで詳しくポイントを解説している点が決め手になりました。

 本書は、年初に手を着けて以降、かなりマメに進めています。
 手持ちの塗り絵本の中でも、かなり気楽に手を着けたり中断したりしている本です。
 と、そのように、気安い存在と思っていたのですが。

 8月初めに、ハプニングが発生しました。
 ページが少しずつ本体から剥がれてきているのです……(>_<)
 塗ったり定着液をかけたりする度に、本のノドまで開く事を繰り返したせいでしょうか。
 本の崩壊は進み、今や半分程がバラバラな紙の束と化してしまいました(作品が計数できなくなったのは、こういう事情によります)💦💦
 塗る分には作業しやすくなったものの、どうやって保管していこうか、と頭を悩ませる今日この頃……(^^;
 
■ズバリ、どんな塗り絵か

 本書には、古代ギリシャのパルメット文様に始まり、ケルト組紐、ロシアのレース、各地の刺繍、ハワイのキルトの模様など、様々な模様がアレンジ少なめで収載されています。

 タイトルにある"世界の模様"というフレーズは、模様の収集範囲が地球上のどこかであるという大雑把な事しか伝えていません💦
 選んだ基準も明記されず、種類も多岐にわたるのですが、風雅の考察では、下記の3種類に分類出来そうです:
①形状が確立されている文様
②各地の伝統工芸品に表された模様
③来歴不明の外国産の品に見られる模様

 ①には、パルメット文様やフルール・ド・リス、青海波などが該当します。
 この種の文様は、例えば「青海波」と聞けば、10人中10人が同じ形状の模様を頭に思い浮かべることが出来るものです。

 ②には、ヴォログダ・レースやハワイアンキルトの柄などが該当します。早い話が、特定の地域で発達した伝統工芸に見られる模様や図案です。
 これらは、バリエーションがあるにせよ、当該の伝統工芸に対する知識さえあれば、模様を見た時に「あぁ、これはハワイアンキルトの亀🐢」等と、ネタ元が理解できるものです。
 模様自体が伝統的というよりも、ある工芸の伝統の一部として存在する模様とも言えます。

 ③には、「ドイツのプリント柄」「オランダのプリント布」のように、産地だけが明記されている模様が属します。その模様が産地の中でどういった位置づけにあるか、よく分からない一群です。
 「現地の雑貨屋で適当な布やタイルを買って来て、模様を模写してみたのかな…?」と、勝手に想像しています。①②に比べるとデザインの練度が低い気がして、少々テンション下がります(^^;

 ①②③を一括りにして「ハイ、世界の模様だよー(^o^)/」とまとめてしまった意義が、個人的にはよく理解出来ません。
「あたかも世界各地から採集したような体裁を整えたかったのか?」という憶測が思い浮かびますが……仮に①のタイプだけ集めてみても余裕で1冊出来上がると思うので、見当外れかも。
 風雅の好みから言うと、
「デザインとして練度の高い模様を厳選して欲しかった……」
というのが正直なところです。
 本書の中でもっとも安定して練度が高いのは、後ろ1/3程度を占める「日本の模様」のコーナーでしょうか。
 線画にそこはかとなく配置の妙があり、登場する模様に作者が親しんでいるのが察せられます。
 この質を一冊通して保てなかったのかな、と思うと、少し残念ですね(..)


f:id:white_fuga:20180901222858j:plain


 本書では、塗り方ガイドだけでなく、線画のページにも短い説明文やアドバイスが添えられています。
 著者さん、面倒見が良すぎ(笑)
 模様に対する理解は深まる一方で、塗っている間、"ワークブックをこなしている"感覚が拭えません。
 一長一短…💦
 独創性ある塗り絵をする為の画集ではなく、塗ることで模様や色鉛筆の技術を体得する為のワークブックとしては、なかなか有用な本だと言えます。
 特に、伝統的な模様を単純な形から理解しようと思う場合、アレンジ少なめで、同じ模様を何度も塗る本書の構成はうってつけです。
 着色するという行為は、線画を見るだけでなく、脳内で再構成するプロセスを必然的に伴う為、単純に模様を見る場合より深い理解をもたらすのだと思われます。
 ちなみに、本書のアドバイスは割と語気強めです。面倒見よいのを通り越して、お節介な教師のように感じる時も(笑) 著者の性格が想像されて微笑ましい部分です。

 線画の線は黒か濃いグレーで、鉛筆の線をコピーしたようなギザギサ感があります。少し見づらく感じました。
 紙は、必要以上にツルツル系。
 塗り方ガイドを読むと、油性色鉛筆が唯一無二の画材として想定されているようです。
 油性色鉛筆でも、合わないものだと塗りにくかったり、発色が思わしくなかったり……と、かなり気難しい紙質のようでした。
 風雅が試した限り、概ね「硬い色鉛筆は相性がよくない」という感触です💦
 また、サインペンは、色は綺麗に出ますが、滑る感触がありました。

■作品例

f:id:white_fuga:20180815145258j:plain

和柄の『青海波』&『千鳥』。
画材:油性色鉛筆。


f:id:white_fuga:20180815145352j:plain

ロシアのヴォログダ・レースの柄。
画材:油性色鉛筆。


f:id:white_fuga:20180817204621j:plain

古代ギリシャのパルメット模様。
画材:油性色鉛筆。



■終わりに

 それでは、感想コーナーで締めくくりたいと思います↓

好きか★★★★★★★☆☆☆
良いか★★★★☆☆☆☆☆☆
使い勝手★★★☆☆☆☆☆☆☆
達成感★★★☆☆☆☆☆☆☆
推奨度★★★★★★☆☆☆☆

 良いとも使い勝手がいいとも言えないのにお薦め度が高めという、やや奇妙な感想になってしまいました(笑)
 ちなみに、推奨理由は、こういった、方向性と効果が明確な本は、多少欠点があっても、価値が高いと思うからです。
 風雅自身、ある模様を基礎から理解したいと思った時に、"手を動かして学ぶ"アプローチが有効なのだと、本書を通して学びました。
 そういう意味では、手芸好きな方や美術ファンに特にオススメしたい本と言えます。

 今回は、やや異色の塗り絵本を取り上げました。
 もう9月で「夏の……」と名乗るのは微妙になってきましたが、まだ王道路線の塗り絵本が何冊か残っていますので、もうしばらくレビュー企画を続けようと思います。
よかったらまたお付き合いください。
 それでは、今回はこの辺りで(^o^)/

【夏のレビュー企画】『海の楽園』、あるいは塗り絵界の琳派。

 こんばんは(*^^*)

 今回は夏のレビュー企画の続きで、ジョハンナ・バスフォード『海の楽園』を取り上げてみたいと思います。

 変な副題が付いていますが、あまり気にせず、いつも通りに基本的な事から見ていきましょう(^o^)/

 

■基本的なこと

 

『海の楽園 不思議いっぱいのぬりえブック』

f:id:white_fuga:20180826085554j:image

原題:"Lost Ocean"

著者:Johanna Basford

日本語版発行日:2015年10月25日

発行元:グラフィック社

文・翻訳:西本かおる

 

 私の手元にあるのは2016年6月に刷られた、初版第10刷のものです。

  世に出てから1年足らずで10刷!破壊的な需要があったのが察せられますね。

 なお、著者の先行作『ひみつの花園』『ねむれる森』にはアーティスト・セレクション版もありますが、本書にはありません(残念…ヽ(;´ω`)ノ)。

 

◇特色◇

・両面印刷 

・インデックスあり

・塗り方ガイドなし

・付録:大判ポスター型ぬりえ(両面印刷)

・作品数:53

・ジャンル:風景画系・模様系

 

■出会いと付き合い

 「バスフォード女史の本を1冊塗ってみたい!」と思い立ち、書店で買いました。

 同じ著者の本が何冊も出ている中で本書を選んだ理由は、4点ありました:

①海と帆船が好き

②線画に文字が入っていない

③独自性と完成度があり、美しい

④苦手な生き物がアップになっている線画がほとんどない

 

 説明が必要なのは②④でしょうか。

 まず②は、風雅の偏屈なこだわりです。

 風雅は『絵というものは言葉を使わずに何かを表現する点に一つの意義がある』と考えています。文字無しで状況を描き出すことこそ画家の腕の見せどころと信じている為、線画の中に文字が入ると、描き手が表現力不足を認めて白旗揚げたように感じるのです(^^;

 一方、④については嗜好の問題ですね。

 風雅がビシュアル的に「無理~💦」と感じる生き物とは、虫・両棲類・爬虫類の殆ど。この種の生き物に焦点を当てた線画が多数含まれていると、他のページが素敵でも買う気が減退します(本書では、海ヘビのページが「キツいな」と感じる程度で済みました)。

 これに①③の理由もあって、迷わず選んだ『海の楽園』ですが、自宅で開いた時最初に感じたのは、

「生命感ありすぎて怖い((( ;゚Д゚)))💦」 

という畏怖でした。

 その第一印象ゆえか、本書を塗る時は今でもシャキーン(`・ω・´)と背筋が伸びる気がします。

 その為、自然と『ページ毎にテーマを決め、時間と手間を惜しまず、真剣に塗る』という方針が定まりました。水彩色鉛筆と相性がいい本なので、主に水彩色鉛筆の修行の場となっています。

 風雅にとっては半年経っても「手ごわい」と感じる程なのですが、1冊塗り終わった時に水彩色鉛筆の技術が上がっている事を夢見つつ、塗り続けています。

 

■ズバリ、どんな塗り絵か

 本書では、珊瑚礁を中心にした海中風景と海絡みのモチーフが描かれています。

 線の色は黒。

 輪廓線は滑らかで概ね明瞭ですが、1枚の線画に0~2ヶ所位の割合で、対象物の前後関係や構造が曖昧な部分が現れます。

 陰影や質感を表す線や点は、程々に入っています。

 

 独特の画風なので、まずは塗りかけページの画像をご覧ください↓


f:id:white_fuga:20180826231824j:image


f:id:white_fuga:20180826234444j:image

   画像では伝わりにくいかもしれませんが、大型本のサイズでこの線画を見ると、ゾッとする程の迫力があります。特に未着色だと、その印象が強く感じられます。

 本書には、明確な物語はありません。

 主役と呼べる登場人物もいません。

 その代わり、珊瑚、海藻類、魚、亀といったモチーフが、大きさを変え、構図を変えて、繰り返し繰り返し描かれています。

 生き物のモチーフについては、「もっと種類があってもいいのに」と思う位で、やや物足りません。シャチとダイオウイカという2大アイドルが両方とも出て来なくて、個人的には残念至極でした(^^;

 著者の画風に話を戻すと、頻出するモチーフが高度に様式化されているのが、本書の大きな特徴です。

 天地のある"絵"でも、マンダラ・対称形等の模様でも、モチーフの形状を変形せずに描いていますので、線画の形式が異なっても、同じ世界を描いていることが分かるのです。

 『ひみつの花園』等著者の他の作品も同じ原理で構成されているのだと思いますが、海をテーマに実行したという点が本書のスゴいところでしょう。

 海のモチーフの大々的な様式化を行った例は草花に比べて少ないので、1冊の画集を描き上げるには、『ひみつの花園』以上の労力と創造性を要したと考えられます。

 この種の、『一部モチーフの様式化によって洗練された作品を送り出す』ことに成功した偉大な芸術家と言えば、真っ先に尾形光琳の名が浮かびます。有名な『紅白梅図屏風』(MOA美術館)のど真ん中を占める、大胆な流水の表現が好例ですね~。

 閑話休題

 ともかく、ここまでの要旨は「バスフォード女史は、海中の世界を表現する"バスフォード様式"を確立させ、一冊通してそれを貫いている」ということです。

 1冊の本という観点から言い直せば、本書は『珊瑚礁の海を舞台にした、バスフォード様式の線画集』という印象を受けます。単純に海絡みの線画を寄せ集めるのではなく、1つの様式を53点に亘って貫いている為、読者は作品世界に引き込まれるのでしょう。

 この、「自分の世界に引き込める」度合いこそが完成度というものだと風雅は考えていますが、その点では著者の画力だけでなく、構成上の工夫もなされています。

 それが、"海賊の落とし物"。

 本書の多くの線画に、海賊の持ち物や財宝がそっと散りばめられています。

「海で海賊で財宝なんて、ベタ過ぎぃ!」とも思うのですが、見つけるとちょっと楽しくなるのも事実(^^; そのページを軽く攻略した気分が味わえるからかと思います(塗った時には更に深い満足感が味わえます)。

 この工夫に気づいた時は、あまりの周到さに唸らされました。作者も編集者も、いい仕事をしてくれましたね、と。

 

 願わくは、日本語版の印刷所にもいい仕事をして欲しかったのですが…。

 随所でインク移りしています(;>_<;)

 未着手のページにうっすらと付いた、隣ページのインクの痕は、素敵な本だと思っているだけに、かなりガックリきます。

 消しゴムで消せるとはいえ、「塗ってから時間が経つとまた移ってしまうのではないか?」と不安が残るのも事実。塗った後にインクが付着すると、打つ手がなさそうで💦💦

 塗り絵本ではインク移りが致命的な欠点となる以上、日本語版の版元と印刷所はもう少し神経を研ぎ澄まして欲しかった……と思わざるを得ません。

 

 気を取り直して、画材との相性についても触れておきましょう。

 油性色鉛筆、カラーペン、水彩毛筆については、どれもストレスなく塗れました。

 水彩色鉛筆も、普通程度の量の水を使う分には、大きな問題もなく使えています(ただし、多少の紙の歪みは残ります)。

 割とよく水を吸う紙、という印象でした。

 

 なお、本書にどういう塗り方が合うのかは、未だよく分かっていません。

 線画がよく出来ている為、どういう塗り方をしてもそれなりに形になりそうですが……線画の魅力を塗りで増幅するには、工夫と手間を要する気がします。

 "○色縛り"等の、テーマに振り切れた塗り方をしても合うのではないかという予感があるので、いずれ試してみたいものです(*^^*)

 

■着色例

 風雅が塗ったページを何点か載せています↓

 

f:id:white_fuga:20180826195303j:image

画材:水彩色鉛筆。

 

 以下は本ブログで既にごお目にかけているものを再録しました。


f:id:white_fuga:20180826195602j:image

画材:水彩色鉛筆。

 


f:id:white_fuga:20180826195741j:image

画材:水彩色鉛筆。

 

f:id:white_fuga:20180826195804j:image

画材:水彩色鉛筆。

 直上の2点は隣り合わせのページ同士で、フレーム部分が同じデザインです。

 風雅は別々の作品として塗りましたが、一対と捉えて同時に塗るのも面白そうですね。

 

f:id:white_fuga:20180826195027j:image

画材:サインペン、ボールペン(銀色)、水彩毛筆。

 

■終わりに

 締めくくりの感想コーナーです。

 

好きか★★★★★★★★☆☆

良いか★★★★★★★★☆☆

使い勝手★★★★★☆☆☆☆☆

達成感★★★★★★★★☆☆

推奨度★★★★★★☆☆☆☆

 

 こんなに長文のレビューを書いておきながら、オススメ度が6つに留まるのは、インク移り以上に線画の迫力のせいです(笑)

 本書は、映画に例えれば、名画の系譜に属するものです。多少の取っ付きにくさは否めませんし、時間もかかりますので、可愛くて手軽に塗れる本をお求めの方には不向きだと思われます。

 

 それにしても、今回のレビューは長くなりました。なるべく明解な言葉使いを心がけたつもりですが、読みにくいところがあったらご寛恕ください。

 ここまでおつきあい頂き、ありがとうございました。次のレビューも素人なりに真剣に書きますので、よかったらまた読みに来てやって下さい(*^^*)

 それでは、今回はこのあたりで(*^ー^)ノ

『海の楽園』完成作品ギャラリー⑤

 こんばんは(*^^*)
 今年の夏もゆるゆる終わりが見えてきたところですね。
 夏の間塗ったものをあまり記事にまとめていないことに気づきました💦💦
 という訳で、今回はレビューをお休みして、『海の楽園』で最近塗ったページをお目にかけたいと思います。

■金魚に似た魚のページ

f:id:white_fuga:20180824232550j:plain

 海にもこういう金魚っぽいフォルムの魚がいるのですかね~♪
 このページは、🎉エスニック🎊をテーマに配色しました。本書にも少し慣れてきて、少々変わった塗り方をしたいと思い始めた頃のことです。
 そんな訳で、以前愛用していたペイズリー柄のヨガパンツを思い出しながら、メインの2色を赤紫と緑に決めました。

 画材は、水彩色鉛筆です。
 補色っぽい組み合わせで強烈ですが、2つとも好きな色なので、ウキウキ気分で塗りました(^o^)

 
■横に広がる珊瑚のページ

f:id:white_fuga:20180824234413j:plain

 こちらも水彩色鉛筆で塗りました。
見開き画像だと分かりにくいので、左右のページを分けて載せてみます↓

(左)

f:id:white_fuga:20180824234652j:plain

(右)

f:id:white_fuga:20180824234740j:plain

 このページは、線画のデザイン性を強調する意識で配色しました。
 塗る対象をページの真ん中のみにして大きな余白を取る構図は、ちょっと斬新に感じます(笑)
 珊瑚も海藻も目立つ色を使った為、余白はあえて余白として手を着けずに完成としました。


■波と海藻のマンダラのページ

f:id:white_fuga:20180824235943j:plain

 チマチマと少しずつ塗り進め、ようやく今日完成したページです♪
 ペンを使っています。
 主力は『プレイカラーK』という銘柄のサインペンですが、波の部分は『彩』という水彩毛筆を使用し様でました。
 
 以上、今夏の新作3点をお目にかけました。
 次回は塗り絵本のレビューに戻る予定です。よかったら、次もお付きあい下さい(^人^)
 それでは、今日はこのあたりで。



今週のお題「#平成最後の夏」

【夏のレビュー企画】『心ときめく四季のワルツ』

 こんばんは(*^^*)
 今回は7月に出たばかりのポストカードブック型塗り絵本、『心ときめく四季のワルツ』を取り上げます。
 既に多くの塗り絵好きが手に取り、レビューを挙げているこの本。当ブログでレビューする意味はあるのか、やや疑問もありますが(笑)
 お持ちの方は、ご自身の感じ方と比べながら読んで頂ければ嬉しいです。

■基本的なこと

f:id:white_fuga:20180818213318j:plain

著者:江種 鹿乃
発行日:2018年8月1日
 ※7月発売
発行元:ナツメ社

◇特色◇

・片面印刷
・インデックスなし
・付録なし
・塗り方ガイドなし
・着色見本あり ※5点
・ジャンル:風俗画系

 ポストカード形式の為、裏面(ハガキとして見れば表側)にワンポイントイラストが入っています。
 画面の寸法は、通常のハガキサイズの他に、その2倍サイズのものと1/2サイズのものがあります。

■出会いと付き合い

 発売前から気になっていました。
 その少し前に同じ著者の『幸せのメヌエット』を手に入れたので、「急ぐことはないかな」と考えていたのですが…現物を書店で見た瞬間、「ヤバい、可愛い、欲しい!」と翻意(笑) レジへ走りました。
 それが、7月10日のこと。
 以来、水彩色鉛筆か油性色鉛筆で、気が向いたページから攻略しています。

 1点完成までにかかる時間が通常の塗り絵本に比べて短く、途中で投げ出す可能性が低くて気安く塗り進めています。

■ズバリ、どんな塗り絵か

 本書の線画は、可愛い動物たちが登場するイラストが多くを占めています。
 線は黒。平均的な太さです。
 動物はアヒル、ウサギ、猫といったメジャーどころが多く、イグアナやナマケモノといった変わり種はいません。
 絵柄は様々ですが、下のように、デフォルメの少ない丁寧な画風で描かれています。

f:id:white_fuga:20180819111707j:plain


f:id:white_fuga:20180819125740j:plain

 動物の表情が豊かな点が最大の魅力かな、と思います。
 タイトルに『四季』という単語があるように、季節感が画中に表されているのも1つの特色ですね。
 また、本書の後半には、陰影を表す線がふんだんに描き込まれたタイプの線画が収録されています。

 ところで、ポストカードサイズという規模について、書店で見た時は、
 「今まで江種さんの塗り絵本はとても難しくて仕上げるのが大変だったけれど、このサイズならやり易いかも~♪」
と想像していました。
 ただ、実際に塗ってみると、「江種ワールドを味わうには、葉書サイズだと少し物足りないなぁ」と感じました。画面が小さいと奥行のある構図は取りにくい為、平面的な絵に見えてしまうのです。
 平面的でも可愛いことは可愛いのですが、通常サイズの塗り絵と比べると、物語性が不足してしまい、印象が弱くなる気がしました。
 2倍サイズのカードの場合は、そのあたりの弱点が大分解消され、絵柄の充実感が増します。
 一方で、通常の塗り絵本より早く仕上げられるので、この著者の絵で"いいとこ取り"ができる適正サイズは、ハガキ2枚分サイズだと感じています。
 
 ではポストカード形式の何が有りがたいかといえば、片面印刷になったお蔭で、画材の選択肢が広がること(断言)。
 水彩絵の具や水彩色鉛筆といった、両面印刷では裏に滲まないか戦々恐々と使っていた画材が、切り離して思いのままに使えるのです。
 かねてから「江種さんの線画は水彩色鉛筆も合いそう」と思っていたので、刊行情報を聞き付けた時から喜んでおりました。
 実際、水彩色鉛筆の使い心地は、期待通り良好です(*^^*)
 水を使うと普通程度に紙がたわみますが、白紙でくるんで大型本に挟んでおくことで、ある程度緩和できました。
 水彩絵の具での使い心地は持っていないので、よく分かりません(^^;

 その他の画材では油性色鉛筆しか使っていないのですが、こちらも塗り易かったと記憶しています。

 紙は、ポストカードということもあり、普通の塗り絵本よりしっかりしています。ただ、葉書用の紙としては多少軟らかめかもしれません。
 裏面に宛名を書いて実際に絵ハガキとして送るには、もう少し耐久性が欲しいところだと感じました。

 本書の構成で面白い点は、巻頭に「読者の塗り絵作品集」と称して、5人の方の着色例が出ているところかと思います。
 "お手本"といえば、著者自身の着色例を載せるのが常道かと思いますが、上手過ぎたり個性が際立っていたりして、"真似が出来ないお手本"になってしまうことも、ままある話(笑)
 少し考察すると、塗り絵は、線画を描く人と塗る人が別人であるのが大前提です。つまり、他人が描いた絵を見て解釈して色を着けるというプロセスを経たものが塗り絵の作品と言えます。
 線画の描き手自身が着色した場合、線画と着色が1枚の青写真に基づいてなされ得る為、完成度は非常に高くなっても、既に"塗り絵"ではありません。
 その点、別の人が完成させた作品は、塗り絵の範疇に収まり、客観的な観察ができる対象にもなります。
 そう考えると、著者より読者の着色例が参考になるのは、必然だった訳ですね~。「編集者さんGJ!」と言わざるを得ません。
 欲を言えば、もう少し難しめの線画にこの貴重な"お手本"を着けてもらいたかったな、とも思います。
 物が多い室内風景とか大勢の動物が登場する場面とか、上手な人の技量を目の当たりにして学びたいものですよね。

■作品例
 前章で読者のお手本に触れた後では、申し訳ない出来ですが……本章は風雅が塗ったものを載せます(^^;

f:id:white_fuga:20180815141536j:plain


画材:水彩色鉛筆(背景)、油性色鉛筆。
 ※重ねずに使用。


f:id:white_fuga:20180727204307j:plain



画材:油性色鉛筆。


f:id:white_fuga:20180819130047j:plain

画材:水彩色鉛筆。
前章で言及した「陰影の線がびっしり入った線画」の一例です。

■終わりに
 さて、締めくくりは恒例の感想コーナーです。

好きか★★★★★★★☆☆☆
良いか★★★★★★☆☆☆☆
使い勝手★★★★★★★☆☆☆
達成感★★★★★☆☆☆☆☆
推奨度★★★★★★★☆☆☆

 夏のレビュー開始後初めて、全体的に評価の高い本が現れましたね(笑)

 次回も塗り絵本レビューになる予定ですが、最近塗ったものをまとめたいので、別の記事が割り込んでくるかもしれません。
 それでは、今回はこのあたりで。